esc_textarea

(3.1以降)
esc_textarea - TEXTAREAタグの値をエスケープする

説明

string esc_textarea( string $text )
TEXTAREAタグの値をエスケープする。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。

返り値

特殊文字をHTMLエンティティに変換したテキストを返す。

注意

特殊文字をHTMLエンティティに変換した後、'esc_textarea'フィルターが行われる。

使用例

  • $_POST['memo']の値をTEXTAREAタグに指定する。
    <textarea name="memo"><?php echo esc_textarea( $_POST['memo'] ); ?></textarea>

フィルター

エスケープした値を返す直前、'esc_textarea'フィルターを呼び出す。パラメータ$safe_textにはエスケープ済みの文字列、$textにはエスケープ前の文字列が格納される。
return apply_filters( 'esc_textarea', $safe_text, $text );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_html - HTMLタグをエスケープする
  • esc_url - URL文字列をクリーニングする
  • format_to_edit - テキストを編集向けに整形する

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2015-12-11 18:50