esc_textarea

(3.1以降)
esc_textarea - TEXTAREAタグの値をエスケープする

説明

string esc_textarea( string $text )
TEXTAREAタグの値をエスケープする。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。

返り値

特殊文字をHTMLエンティティに変換したテキストを返す。

注意

特殊文字をHTMLエンティティに変換した後、'esc_textarea'フィルターが行われる。

使用例

  • $_POST['memo']の値をTEXTAREAタグに指定する。
    <textarea name="memo"><?php echo esc_textarea( $_POST['memo'] ); ?></textarea>

フィルター

エスケープした値を返す直前、'esc_textarea'フィルターを呼び出す。パラメータ$safe_textにはエスケープ済みの文字列、$textにはエスケープ前の文字列が格納される。
return apply_filters( 'esc_textarea', $safe_text, $text );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_html - HTMLタグをエスケープする
  • esc_url - URL文字列をクリーニングする
  • format_to_edit - テキストを編集向けに整形する

お勧めコンテンツ

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2015-12-11 18:50