esc_textarea

(3.1以降)
esc_textarea - TEXTAREAタグの値をエスケープする

説明

string esc_textarea( string $text )
TEXTAREAタグの値をエスケープする。

パラメータ

  • $text
    文字列を指定。

返り値

特殊文字をHTMLエンティティに変換したテキストを返す。

注意

特殊文字をHTMLエンティティに変換した後、'esc_textarea'フィルターが行われる。

使用例

  • $_POST['memo']の値をTEXTAREAタグに指定する。
    <textarea name="memo"><?php echo esc_textarea( $_POST['memo'] ); ?></textarea>

フィルター

エスケープした値を返す直前、'esc_textarea'フィルターを呼び出す。パラメータ$safe_textにはエスケープ済みの文字列、$textにはエスケープ前の文字列が格納される。
return apply_filters( 'esc_textarea', $safe_text, $text );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • esc_attr - HTMLタグ属性をエスケープする
  • esc_html - HTMLタグをエスケープする
  • esc_url - URL文字列をクリーニングする
  • format_to_edit - テキストを編集向けに整形する

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

最終更新日時 : 2015-12-11 18:50