fetch_feed

説明

mixed fetch_feed( mixed $url )
RSSまたはAtom形式のフィードデータを読み込む。

パラメータ

  • $url
    フィードデータのURLかそれらが格納された配列を指定。

返り値

パラメータ$urlで指定されたフィードを読み込んだ場合はSimplePieクラスのオブジェクトを、読み込みできなかった場合はWP_Errorクラスのオブジェクトを返す。

注意

本関数の返り値はSimplePieクラスかWP_Errorクラスのオブジェクトになるので、 is_wp_error関数などを使って判別する。

パラメータ$urlに複数のURLが指定された場合は返り値の内容は各フィードデータをマージしたものとなる。


使用例

  • パラメータ$urlで指定したRSSフィードを読み込む。
    <?php
    $feed = fetch_feed( $url );
    if ( ! is_wp_error( $feed ) ) :
    	// ここにフィードが読み込まれた場合の処理内容
    ?>

フィルター

[2.8.0]フィードデータの有効期間をSimplePieクラスのオブジェクトに格納する前に'wp_feed_cache_transient_lifetime'フィルターを呼び出す。第1パラメータはデフォルトの有効期間の秒数が、$urlは本関数が受け取った内容が格納される。
$feed->set_cache_duration( apply_filters( 'wp_feed_cache_transient_lifetime', 12 * HOUR_IN_SECONDS, $url ) );

アクション

[3.0.0]フィードデータを読み込む前に'wp_feed_options'アクションを呼び出す。第1パラメータはSimplePieクラスのオブジェクトと本関数が受け取った$urlの内容が格納された配列となる。
do_action_ref_array( 'wp_feed_options', array( &$feed, $url ) );

ソースファイル

/wp-includes/feed.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:43


お勧め

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2018年5月27日 更新)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 更新)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとして add_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2018年5月27日 更新)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

フォーム内のエスケープ処理を考える(2018年10月19日 更新)

WordPressにはエスケープ処理を行う esc_html関数と esc_attr関数がある。HTML要素(タグ)の属性値ならesc_attr関数を、それ以外はesc_html関数を使うことがほとんどだが、今回esc_html関数が適していないと思われるケースに遭遇した。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 更新)

ログイン関係を調べている関係で、 wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。