fetch_feed

説明

mixed fetch_feed( mixed $url )
RSSまたはAtom形式のフィードデータを読み込む。

パラメータ

  • $url
    フィードデータのURLかそれらが格納された配列を指定。

返り値

パラメータ$urlで指定されたフィードを読み込んだ場合はSimplePieクラスのオブジェクトを、読み込みできなかった場合はWP_Errorクラスのオブジェクトを返す。

注意

本関数の返り値はSimplePieクラスかWP_Errorクラスのオブジェクトになるので、 is_wp_error関数などを使って判別する。

パラメータ$urlに複数のURLが指定された場合は返り値の内容は各フィードデータをマージしたものとなる。


使用例

  • パラメータ$urlで指定したRSSフィードを読み込む。
    <?php
    $feed = fetch_feed( $url );
    if ( ! is_wp_error( $feed ) ) :
    	// ここにフィードが読み込まれた場合の処理内容
    ?>

フィルター

[2.8.0]フィードデータの有効期間をSimplePieクラスのオブジェクトに格納する前に'wp_feed_cache_transient_lifetime'フィルターを呼び出す。第1パラメータはデフォルトの有効期間の秒数が、$urlは本関数が受け取った内容が格納される。
$feed->set_cache_duration( apply_filters( 'wp_feed_cache_transient_lifetime', 12 * HOUR_IN_SECONDS, $url ) );

アクション

[3.0.0]フィードデータを読み込む前に'wp_feed_options'アクションを呼び出す。第1パラメータはSimplePieクラスのオブジェクトと本関数が受け取った$urlの内容が格納された配列となる。
do_action_ref_array( 'wp_feed_options', array( &$feed, $url ) );

ソースファイル

/wp-includes/feed.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:43


お勧め

ブロックエディターの色設定を変えてみる(2019年12月11日 更新)

バージョン5.3で機能強化されたブロックエディター。対応を考えて新テーマ「Twenty Twenty」のソースコードを眺めていく。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 更新)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 更新)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

Login rebuilder 2.6.5の新機能紹介(2021年3月8日 更新)

今回追加したものは、管理者のダッシュボードに表示されるログウィジェットの日時について任意の書式を設定する機能である。これまで日時の書式はサイト設定を利用していたが、ログの日時については揃えた方が見やすいと思ったので、今回の機能で対応することにしました。

投稿情報を連想配列で参照する(2018年5月27日 更新)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。