force_ssl_admin

(2.6.0以降)
force_ssl_admin - 管理者ページのリクエストをSSLのみに制限にする

説明

bool force_ssl_admin( [ bool $force = null] )
パラメータ$forceを指定することで管理者向けページのリクエストをSSLのみに制限するかどうかを設定する。パラメータを省略すると、その状態を取得する。

パラメータ

  • $force
    trueならば管理者向けページへのリクエストをSSLのみに制限し、falseならば制限を行わない。現在の状態を取得する場合は省略(nullを指定)する。

返り値

パラメータ$forceを指定した場合は、変更前の状態としてSSL制限ならばtrue、SSL制限なしならばfalseを返す。パラメータ$forceを省略した場合は、現在の状態を返す。

注意

テーマのfunctions.phpなどで使用。SSL制限を設定すると、通常アクセス(http)による管理者ページへのリクエストは、SSLアクセス(https)へリダイレクトされる。

使用例

  • 管理者ページのリクエストをSSLのみに制限にする。
    <?php force_ssl_admin( true ); ?>
  • 管理者ページのリクエストがSSL制限か調べる。
    <?php if ( force_ssl_admin( ) ) { ?>

関連

  • force_ssl_login - ログインページのリクエストをSSLのみに制限にする
  • is_ssl - リクエストがSSLかどうか調べる
  • set_url_scheme - URLにスキーマをセットする

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2016-03-09 14:19