force_ssl_admin

(2.6.0以降)
force_ssl_admin - 管理者ページのリクエストをSSLのみに制限にする

説明

bool force_ssl_admin( [ bool $force = null] )
パラメータ$forceを指定することで管理者向けページのリクエストをSSLのみに制限するかどうかを設定する。パラメータを省略すると、その状態を取得する。

パラメータ

  • $force
    trueならば管理者向けページへのリクエストをSSLのみに制限し、falseならば制限を行わない。現在の状態を取得する場合は省略(nullを指定)する。

返り値

パラメータ$forceを指定した場合は、変更前の状態としてSSL制限ならばtrue、SSL制限なしならばfalseを返す。パラメータ$forceを省略した場合は、現在の状態を返す。

注意

テーマのfunctions.phpなどで使用。SSL制限を設定すると、通常アクセス(http)による管理者ページへのリクエストは、SSLアクセス(https)へリダイレクトされる。

使用例

  • 管理者ページのリクエストをSSLのみに制限にする。
    <?php force_ssl_admin( true ); ?>
  • 管理者ページのリクエストがSSL制限か調べる。
    <?php if ( force_ssl_admin( ) ) { ?>

関連

  • force_ssl_login - ログインページのリクエストをSSLのみに制限にする
  • is_ssl - リクエストがSSLかどうか調べる
  • set_url_scheme - URLにスキーマをセットする

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

最終更新日時 : 2016-03-09 14:19