WordPress 4.4.0 で非推奨となりました。

force_ssl_login

(2.6.0以降)
force_ssl_login - ログインページのリクエストをSSLのみに制限にする

説明

bool force_ssl_login( [ bool $force = null ] )
パラメータ$forceを指定することでログインページのリクエストをSSLのみに制限するかどうかを設定する。パラメータを省略すると、その状態を取得する。

パラメータ

  • $force
    trueならばログインページへのリクエストをSSLのみに制限し、falseならば制限を行わない。現在の状態を取得する場合は省略(nullを指定)する。

返り値

パラメータ$forceを指定した場合は、変更前の状態としてSSL制限ならばtrue、SSL制限なしならばfalseを返す。パラメータ$forceを省略した場合は、現在の状態を返す。

注意

wp-settings.phpにて標準のプラグインがロードされる前に本関数が呼び出され、'FORCE_SSL_LOGIN'の値に基づいて初期設定される。'FORCE_SSL_LOGIN'はwp-config.phpにて定義されるが、標準では定義されていない。そのため、本関数を呼び出す直前に'FORCE_SSL_LOGIN'が未定義の場合には、falseとして定義されている。なおwp-config.phpにて未定義の場合は、必須プラグイン(must-use plugin)やマルチサイト時のネットワークプラグインで定義される可能性がある。

使用例

  • ログインページのリクエストをSSLのみに制限にする。
    <?php force_ssl_login( true ); ?>
  • ログインページのリクエストがSSL制限か調べる。
    <?php if ( force_ssl_login( ) ) { ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • force_ssl_admin - 管理者ページのリクエストをSSLのみに制限にする
  • is_ssl - リクエストがSSLかどうか調べる
  • set_url_scheme - URLにスキーマをセットする

お勧めコンテンツ

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

最終更新日時 : 2015-12-11 18:31