get_adjacent_post_link

(3.7.0以降)
get_adjacent_post_link - 直前または直後の投稿ページのリンクを取得する

説明

string get_adjacent_post_link( string $format, string $link [ , bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , mixed $excluded_categories$excluded_terms = '' [ , bool $previous = true [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] )
直前または直後の投稿ページのリンクを取得する。

パラメータ

  • $format
    フォーマットを指定。
  • $link
    リンクタイトルを指定。
  • $in_same_cat$in_same_term
    同じターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)内の投稿ページに限定する場合はtrue、限定しない場合はfalseを指定。省略時はfalseが適用される。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)を指定する場合は、そのタームIDを文字列または配列で指定。
  • $previous
    直前の投稿ページの場合はtrueを、直後の場合はfalseを指定(省略時はtrue)。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

パラメータ$previousで示した投稿ページのリンク(aタグ)を返す。

注意

next_post_link関数で出力されるリンクを取得する。
・パラメータ$formatは、'%link'を含まなければならない。
・パラメータ$linkは、投稿タイトルの'%title'、投稿日の'%date'を含めることができる。

使用例

  • 直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ' ); ?>
  • 同カテゴリー内の直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', false, '1' ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '%link &raquo;', '%title', false, '1', false ); ?>
  • 同タグ内の直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

リンクテキストのタイトルを決定する前に'the_title'フィルターを呼び出す。$titleには投稿情報のタイトルが、$post_idには投稿情報IDが格納される。
$title = apply_filters( 'the_title', $title, $post_id );
パラメータ$previousがtrueの場合、リンクテキストを返す前に'previous_post_link'フィルターを呼び出す。$outputにはリンクテキストが、$format$linkはそれぞれパラメータの内容が、$postには投稿情報が、$adjacent(4.2.0で追加)には'previous'が格納される。
return apply_filters( 'previous_post_link', $output, $format, $link, $post, $adjacent );
パラメータ$previousがfalseの場合、リンクテキストを返す前に'next_post_link'フィルターを呼び出す。$outputにはリンクテキストが、$format$linkはそれぞれパラメータの内容が、$postには投稿情報が、$adjacent(4.2.0で追加)には'next'が格納される。
return apply_filters( 'next_post_link', $output, $format, $link, $post, $adjacent );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2015-05-28 12:56