get_adjacent_post_link

(3.7.0以降)
get_adjacent_post_link - 直前または直後の投稿ページのリンクを取得する

説明

string get_adjacent_post_link( string $format, string $link [ , bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , mixed $excluded_categories$excluded_terms = '' [ , bool $previous = true [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] )
直前または直後の投稿ページのリンクを取得する。

パラメータ

  • $format
    フォーマットを指定。
  • $link
    リンクタイトルを指定。
  • $in_same_cat$in_same_term
    同じターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)内の投稿ページに限定する場合はtrue、限定しない場合はfalseを指定。省略時はfalseが適用される。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)を指定する場合は、そのタームIDを文字列または配列で指定。
  • $previous
    直前の投稿ページの場合はtrueを、直後の場合はfalseを指定(省略時はtrue)。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

パラメータ$previousで示した投稿ページのリンク(aタグ)を返す。

注意

next_post_link関数で出力されるリンクを取得する。
・パラメータ$formatは、'%link'を含まなければならない。
・パラメータ$linkは、投稿タイトルの'%title'、投稿日の'%date'を含めることができる。

使用例

  • 直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ' ); ?>
  • 同カテゴリー内の直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', false, '1' ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '%link &raquo;', '%title', false, '1', false ); ?>
  • 同タグ内の直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

リンクテキストのタイトルを決定する前に'the_title'フィルターを呼び出す。$titleには投稿情報のタイトルが、$post_idには投稿情報IDが格納される。
$title = apply_filters( 'the_title', $title, $post_id );
パラメータ$previousがtrueの場合、リンクテキストを返す前に'previous_post_link'フィルターを呼び出す。$outputにはリンクテキストが、$format$linkはそれぞれパラメータの内容が、$postには投稿情報が、$adjacent(4.2.0で追加)には'previous'が格納される。
return apply_filters( 'previous_post_link', $output, $format, $link, $post, $adjacent );
パラメータ$previousがfalseの場合、リンクテキストを返す前に'next_post_link'フィルターを呼び出す。$outputにはリンクテキストが、$format$linkはそれぞれパラメータの内容が、$postには投稿情報が、$adjacent(4.2.0で追加)には'next'が格納される。
return apply_filters( 'next_post_link', $output, $format, $link, $post, $adjacent );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

最終更新日時 : 2015-05-28 12:56