get_adjacent_post_link

(3.7.0以降)
get_adjacent_post_link - 直前または直後の投稿ページのリンクを取得する

説明

string get_adjacent_post_link( string $format, string $link [ , bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , mixed $excluded_categories$excluded_terms = '' [ , bool $previous = true [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] )
直前または直後の投稿ページのリンクを取得する。

パラメータ

  • $format
    フォーマットを指定。
  • $link
    リンクタイトルを指定。
  • $in_same_cat$in_same_term
    同じターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)内の投稿ページに限定する場合はtrue、限定しない場合はfalseを指定。省略時はfalseが適用される。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)を指定する場合は、そのタームIDを文字列または配列で指定。
  • $previous
    直前の投稿ページの場合はtrueを、直後の場合はfalseを指定(省略時はtrue)。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

パラメータ$previousで示した投稿ページのリンク(aタグ)を返す。

注意

next_post_link関数で出力されるリンクを取得する。
・パラメータ$formatは、'%link'を含まなければならない。
・パラメータ$linkは、投稿タイトルの'%title'、投稿日の'%date'を含めることができる。

使用例

  • 直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ' ); ?>
  • 同カテゴリー内の直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', false, '1' ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '%link &raquo;', '%title', false, '1', false ); ?>
  • 同タグ内の直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

リンクテキストのタイトルを決定する前に'the_title'フィルターを呼び出す。$titleには投稿情報のタイトルが、$post_idには投稿情報IDが格納される。
$title = apply_filters( 'the_title', $title, $post_id );
パラメータ$previousがtrueの場合、リンクテキストを返す前に'previous_post_link'フィルターを呼び出す。$outputにはリンクテキストが、$format$linkはそれぞれパラメータの内容が、$postには投稿情報が、$adjacent(4.2.0で追加)には'previous'が格納される。
return apply_filters( 'previous_post_link', $output, $format, $link, $post, $adjacent );
パラメータ$previousがfalseの場合、リンクテキストを返す前に'next_post_link'フィルターを呼び出す。$outputにはリンクテキストが、$format$linkはそれぞれパラメータの内容が、$postには投稿情報が、$adjacent(4.2.0で追加)には'next'が格納される。
return apply_filters( 'next_post_link', $output, $format, $link, $post, $adjacent );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2015-05-28 12:56