get_adjacent_post_link

(3.7.0以降)
get_adjacent_post_link - 直前または直後の投稿ページのリンクを取得する

説明

string get_adjacent_post_link( string $format, string $link [ , bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , mixed $excluded_categories$excluded_terms = '' [ , bool $previous = true [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] )
直前または直後の投稿ページのリンクを取得する。

パラメータ

  • $format
    フォーマットを指定。
  • $link
    リンクタイトルを指定。
  • $in_same_cat$in_same_term
    同じターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)内の投稿ページに限定する場合はtrue、限定しない場合はfalseを指定。省略時はfalseが適用される。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)を指定する場合は、そのタームIDを文字列または配列で指定。
  • $previous
    直前の投稿ページの場合はtrueを、直後の場合はfalseを指定(省略時はtrue)。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

パラメータ$previousで示した投稿ページのリンク(aタグ)を返す。

注意

next_post_link関数で出力されるリンクを取得する。
・パラメータ$formatは、'%link'を含まなければならない。
・パラメータ$linkは、投稿タイトルの'%title'、投稿日の'%date'を含めることができる。

使用例

  • 直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ' ); ?>
  • 同カテゴリー内の直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', false, '1' ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '%link &raquo;', '%title', false, '1', false ); ?>
  • 同タグ内の直前の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_adjacent_post_link( '[%link]', '前の記事へ', true, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

リンクテキストのタイトルを決定する前に'the_title'フィルターを呼び出す。$titleには投稿情報のタイトルが、$post_idには投稿情報IDが格納される。
$title = apply_filters( 'the_title', $title, $post_id );
パラメータ$previousがtrueの場合、リンクテキストを返す前に'previous_post_link'フィルターを呼び出す。$outputにはリンクテキストが、$format$linkはそれぞれパラメータの内容が、$postには投稿情報が、$adjacent(4.2.0で追加)には'previous'が格納される。
return apply_filters( 'previous_post_link', $output, $format, $link, $post, $adjacent );
パラメータ$previousがfalseの場合、リンクテキストを返す前に'next_post_link'フィルターを呼び出す。$outputにはリンクテキストが、$format$linkはそれぞれパラメータの内容が、$postには投稿情報が、$adjacent(4.2.0で追加)には'next'が格納される。
return apply_filters( 'next_post_link', $output, $format, $link, $post, $adjacent );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2015-05-28 12:56