WordPress 4.0.0 で非推奨となりました。

get_all_category_ids

(2.0.0以降)
get_all_category_ids - すべてのカテゴリIDを取得する

説明

array get_all_category_ids( )
すべてのカテゴリIDを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

すべてのカテゴリのIDを配列を返す。

注意

初回のみget_terms関数でカテゴリIDを取得してキャッシュに保存。二回目以降はキャッシュのデータを返している。

使用例

  • すべてのカテゴリIDを取得する。
    <?php $ids = get_all_category_ids(); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category.php

関連

  • get_cat_ID - カテゴリーIDを取得する
  • get_terms - タクソノミー情報を取得する

お勧めコンテンツ

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2014-09-05 08:35