get_all_post_type_supports

(3.4.0以降)
get_all_post_type_supports - 投稿タイプの項目を取得する

説明

array get_all_post_type_supports( string $post_type )
投稿タイプの項目(feature)を取得する。

パラメータ

  • $post_type
    'post'や'page'といった投稿タイプ名を指定。

返り値

パラメータ$post_typeで指定された投稿タイプの項目を連想配列で返す。投稿タイプ名が無効な場合は空の配列を返す。
標準状態の投稿('post')と固定ページ('page')の返り値は次の通り。
'post''page'
{ 'title' => 1,
  'editor' => 1,
  'author' => 1,
  'thumbnail' => 1,
  'excerpt' => 1,
  'trackbacks' => 1,
  'custom-fields' => 1,
  'comments' => 1,
  'revisions' => 1,
  'post-formats' => 1 }
{ 'title' => 1,
  'editor' => 1,
  'author' => 1,
  'thumbnail' => 1,
  'page-attributes' => 1,
  'custom-fields' => 1,
  'comments' => 1,
  'revisions' => 1 }

注意

返り値の配列には、テーマやプラグインによって拡張されている表示項目は含まれない。また、個々のユーザが表示/非表示にしているかはこの情報では確認できない。
返り値の内容はおおよそ次の通りとなる。
feature項目名
'title'タイトル
'editor'編集ボックス
'author'作成者
'thumbnail'アイキャッチ画像
'excerpt'抜粋
'trackbacks'トラックバック送信
'custom-fields'カスタムフィールド
'comments'ディスカッション
'revisions'リビジョン
'post-formats'フォーマット
'page-attributes'ページ属性

使用例

  • 'page'の項目を取得する。
    <?php $features = get_all_post_type_supports( 'page' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2016-05-25 07:02