get_all_post_type_supports

(3.4.0以降)
get_all_post_type_supports - 投稿タイプの項目を取得する

説明

array get_all_post_type_supports( string $post_type )
投稿タイプの項目(feature)を取得する。

パラメータ

  • $post_type
    'post'や'page'といった投稿タイプ名を指定。

返り値

パラメータ$post_typeで指定された投稿タイプの項目を連想配列で返す。投稿タイプ名が無効な場合は空の配列を返す。
標準状態の投稿('post')と固定ページ('page')の返り値は次の通り。
'post''page'
{ 'title' => 1,
  'editor' => 1,
  'author' => 1,
  'thumbnail' => 1,
  'excerpt' => 1,
  'trackbacks' => 1,
  'custom-fields' => 1,
  'comments' => 1,
  'revisions' => 1,
  'post-formats' => 1 }
{ 'title' => 1,
  'editor' => 1,
  'author' => 1,
  'thumbnail' => 1,
  'page-attributes' => 1,
  'custom-fields' => 1,
  'comments' => 1,
  'revisions' => 1 }

注意

返り値の配列には、テーマやプラグインによって拡張されている表示項目は含まれない。また、個々のユーザが表示/非表示にしているかはこの情報では確認できない。
返り値の内容はおおよそ次の通りとなる。
feature項目名
'title'タイトル
'editor'編集ボックス
'author'作成者
'thumbnail'アイキャッチ画像
'excerpt'抜粋
'trackbacks'トラックバック送信
'custom-fields'カスタムフィールド
'comments'ディスカッション
'revisions'リビジョン
'post-formats'フォーマット
'page-attributes'ページ属性

使用例

  • 'page'の項目を取得する。
    <?php $features = get_all_post_type_supports( 'page' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2016-05-25 07:02