get_ancestors

(3.1.0以降)
get_ancestors - 先祖のIDをまとめて取得する

説明

array get_ancestors( [ int $object_id = 0 [ , string $object_type = '' [ , string $resource_type = '' ] ] ] )
先祖のIDをまとめて取得する。

パラメータ

  • $object_id
    タームIDまたは投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $object_type
    タクソノミー名または投稿タイプを指定(省略時は'')。
  • $resource_type
    [4.1.0]'taxonomy'または'post_type'を指定(省略時は'')。

返り値

先祖のIDが格納された配列を返す。

注意

タームまたは投稿情報の先祖を遡り、それらのIDをまとめて取得する。なお投稿情報のIDについては、本関数内でも使用されているget_post_ancestors関数があるので、基本的にはターム向けの関数といえるだろう。

パラメータ$resource_typeは4.1.0から追加されたもので、省略時はパラメータ$object_typeにより、'taxonomy'または'post_type'のいずれかが適用される。なお4.1.0時点では片方のフィルター呼び出しにて$resource_typeが記載されていないので要注意(4.1.1で修正済み)。

使用例

  • $term_idの先祖のIDをまとめて取得する。
    <?php $ancestors = get_ancestors( $term_id ); ?>
  • $term_idの先祖のIDをまとめて取得する。
    <?php $ancestors = get_ancestors( $cat_id, 'category' ); ?>

フィルター

[3.1.0]先祖のIDが格納された配列を返す前に'get_ancestors'フィルターを呼び出す。パラメータ$ancestorsには先祖のIDが格納された配列が、その他のパラメータは本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'get_ancestors', $ancestors, $object_id, $object_type, $resource_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

最終更新日時 : 2015-02-23 11:40