get_ancestors

説明

array get_ancestors( [ int $object_id = 0 [ , string $object_type = '' [ , string $resource_type = '' ] ] ] )
先祖のIDをまとめて取得する。

パラメータ

  • $object_id
    タームIDまたは投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $object_type
    タクソノミー名または投稿タイプを指定(省略時は'')。
  • $resource_type
    [4.1.0]'taxonomy'または'post_type'を指定(省略時は'')。

返り値

先祖のIDが格納された配列を返す。

注意

タームまたは投稿情報の先祖を遡り、それらのIDをまとめて取得する。なお投稿情報のIDについては、本関数内でも使用されている get_post_ancestors関数があるので、基本的にはターム向けの関数といえるだろう。

パラメータ$resource_typeは4.1.0から追加されたもので、省略時はパラメータ$object_typeにより、'taxonomy'または'post_type'のいずれかが適用される。なお4.1.0時点では片方のフィルター呼び出しにて$resource_typeが記載されていないので要注意(4.1.1で修正済み)。


使用例

  • $term_idの先祖のIDをまとめて取得する。
    <?php $ancestors = get_ancestors( $term_id ); ?>
  • $term_idの先祖のIDをまとめて取得する。
    <?php $ancestors = get_ancestors( $cat_id, 'category' ); ?>

フィルター

[3.1.0]先祖のIDが格納された配列を返す前に'get_ancestors'フィルターを呼び出す。パラメータ$ancestorsには先祖のIDが格納された配列が、その他のパラメータは本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'get_ancestors', $ancestors, $object_id, $object_type, $resource_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:46



お勧め

いまさらだけどツールバー(admin bar)を使う(2019年10月17日 更新)

これまでツールバーを積極的に活用することはなく、もっぱら show_admin_bar関数を使って非表示にしていた。そんなわけで、ツールバーについてはほとんど知識がなく、ソースコードを眺めながら使ってみた。

5.3の新機能:クエリーログに任意の項目を追加できる新フィルター(2019年10月23日 更新)

5.3 RC2」が公開され、正式リリースまであと20日。公式ディレクトリにプラグインを公開していることもあり、5.3に関する開発者向けの情報「Miscellaneous Developer Focused Changes in 5.3」を読んでいる。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月31日 更新)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

「順序」をtextからnumberに変更してみた(2018年5月27日 更新)

固定ページの編集画面の「投稿の属性」ウィジェットには、ページの並び替えに使用できる「順序」のinput要素がある。この「順序」のinput要素はtype属性が'text'となっており、編集の際にIMEが有効になってしまう場合がある。ページの編集頻度が多くなると、その都度IMEをオフにするのがやや面倒になってくる。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 更新)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。