get_ancestors

(3.1.0以降)
get_ancestors - 先祖のIDをまとめて取得する

説明

array get_ancestors( [ int $object_id = 0 [ , string $object_type = '' [ , string $resource_type = '' ] ] ] )
先祖のIDをまとめて取得する。

パラメータ

  • $object_id
    タームIDまたは投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $object_type
    タクソノミー名または投稿タイプを指定(省略時は'')。
  • $resource_type
    [4.1.0]'taxonomy'または'post_type'を指定(省略時は'')。

返り値

先祖のIDが格納された配列を返す。

注意

タームまたは投稿情報の先祖を遡り、それらのIDをまとめて取得する。なお投稿情報のIDについては、本関数内でも使用されているget_post_ancestors関数があるので、基本的にはターム向けの関数といえるだろう。

パラメータ$resource_typeは4.1.0から追加されたもので、省略時はパラメータ$object_typeにより、'taxonomy'または'post_type'のいずれかが適用される。なお4.1.0時点では片方のフィルター呼び出しにて$resource_typeが記載されていないので要注意(4.1.1で修正済み)。

使用例

  • $term_idの先祖のIDをまとめて取得する。
    <?php $ancestors = get_ancestors( $term_id ); ?>
  • $term_idの先祖のIDをまとめて取得する。
    <?php $ancestors = get_ancestors( $cat_id, 'category' ); ?>

フィルター

[3.1.0]先祖のIDが格納された配列を返す前に'get_ancestors'フィルターを呼び出す。パラメータ$ancestorsには先祖のIDが格納された配列が、その他のパラメータは本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'get_ancestors', $ancestors, $object_id, $object_type, $resource_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

最終更新日時 : 2015-02-23 11:40