get_approved_comments

(2.0.0以降)
get_approved_comments - 投稿記事のコメント情報を取得する

説明

array get_approved_comments( int $post_id )
投稿記事の公開許諾されているコメント情報を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿IDを指定。

返り値

コメント情報(オブジェクト)の配列で返す。公開許諾されているコメントがない場合は空の配列を返す。コメント情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
comment_IDintコメントID
comment_post_IDintコメントされた投稿情報のID
comment_authorstringコメント投稿者
comment_author_emailstringコメント投稿者のメールアドレス
comment_author_urlstringコメント投稿者のURL
comment_author_IPstringコメント投稿者のIPアドレス
comment_datestringコメント投稿日時(ローカル)
comment_date_gmtstringコメント投稿日時(世界標準時)
comment_contentintコメント内容
comment_karmaintカルマ
comment_approvedint許諾状況(許諾されている場合は1)
comment_agentstringエージェント
comment_typestringコメントタイプ
comment_parentint親コメントID
user_idintユーザID

注意

取得件数や並び順、許諾されていないコメント情報など、より詳細な条件を指定する場合は、get_comments関数が使用できる。

使用例

  • 投稿IDが1の公開許諾されているコメント情報を取得する。
    <?php $comments = get_approved_comments( 1 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2011-06-19 11:40