get_archives_link

(1.0.0以降)
get_archives_link - アーカイブページのリンクテキストを取得する

説明

string get_archives_link( string $url, string $text [ , string $format = 'html' [ , string $before = '' [ , string $after = '' ] ] ] )
アーカイブページのリンクテキストを取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $text
    カテゴリー名などのリンク名を指定。
  • $format
    'html'、'link'、'option'などを指定(省略時は'html')。
  • $before
    リンク名の前に連結されるテキストを指定(省略時は'')。
  • $after
    リンク名の後に連結されるテキストを指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$formatで指定されたリンクテキストを返す。

注意

パラメータ$formatと返されるリンクテキストの書式は次の通り。'html'を指定した場合はliタグで囲まれたものになる。
$formatの値リンクテキスト
'html'"\t<li>$before<a href='$url' title='$title_text'>$text</a>$after</li>\n"
'link'"\t<link rel='archives' title='$title_text' href='$url' />\n"
'option'"\t<option value='$url'>$before $text $after</option>\n"
上記以外"\t$before<a href='$url' title='$title_text'>$text</a>$after\n"
$title_textの内容はesc_attr( $text )。

使用例

  • カテゴリ1のアーカイブページのリンクテキストを取得する。
    <?php $out = get_archives_link( 'http://localhost/category/category1', 'カテゴリ1' ); ?>
  • カテゴリ1のプルダウメニューテキストを取得する。
    <?php $out = get_archives_link( 'http://localhost/category/category1', 'カテゴリ1', 'option' ); ?>

フィルター

[2.6.0]リンクテキストを返す直前にget_archives_linkフィルターが実行される。$link_htmlには、生成されたリンクテキストの内容が格納されている。
[4.5.0]$url$text$format$before$afterが追加され、それぞれ本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'get_archives_link', $link_html, $url, $text, $format, $before, $after );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加しました。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2016-05-22 16:00