get_archives_link

説明

string get_archives_link( string $url, string $text [ , string $format = 'html' [ , string $before = '' [ , string $after = '' [ , bool $selected = false ] ] ] ] )
アーカイブページのリンクテキストを取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $text
    カテゴリー名などのリンク名を指定。
  • $format
    'html'、'link'、'option'などを指定(省略時は'html')。
  • $before
    リンク名の前に連結されるテキストを指定(省略時は'')。
  • $after
    リンク名の後に連結されるテキストを指定(省略時は'')。
  • $selected
    [5.2.0]option要素にselected属性を付与するかどうかを指定(省略時はfalse、$formatが'option'の場合のみ有効)。

返り値

パラメータ$formatで指定されたリンクテキストを返す。

注意

パラメータ$formatと返されるリンクテキストの書式は次の通り。'html'を指定した場合はliタグで囲まれたものになる。

$formatの値リンクテキスト
'html'"\t<li>$before<a href='$url' title='$title_text'>$text</a>$after</li>\n"
'link'"\t<link rel='archives' title='$title_text' href='$url' />\n"
'option'"\t<option value='$url'>$before $text $after</option>\n"
上記以外"\t$before<a href='$url' title='$title_text'>$text</a>$after\n"
$title_textの内容は esc_attr( $text )。

バージョンによって本関数のパラメータと'get_archives_link'フィルターのパラメータ数が異なる。


使用例

  • カテゴリ1のアーカイブページのリンクテキストを取得する。
    <?php $out = get_archives_link( 'http://localhost/category/category1', 'カテゴリ1' ); ?>
  • カテゴリ1のプルダウメニューテキストを取得する。
    <?php $out = get_archives_link( 'http://localhost/category/category1', 'カテゴリ1', 'option' ); ?>

フィルター

[2.6.0]リンクテキストを返す直前にget_archives_linkフィルターが実行される。$link_htmlには、生成されたリンクテキストの内容が格納されている。
[4.5.0]$url$text$format$before$afterが追加され、それぞれ本関数が受け取った内容が格納されている。
[5.2.0]$selectedには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'get_archives_link', $link_html, $url, $text, $format, $before, $after, $selected );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

最終更新 : 2019年05月09日 14:48



お勧め

Login rebuilder 2.5.0の新機能紹介(2018年12月10日 更新)

今回追加したものは、任意の名前でロックファイルを設定し、そのファイルが存在する場合は常にログイン不可にする機能である。この機能を有効にしておくことで、何らかの理由により認証に関する情報が漏洩した場合でも不正なログインを防ぐことができる。

5.7の機能拡張:投稿一覧画面向けのフィルター(2021年2月18日 更新)

昨日、予定通り公開された「WordPress 5.7 Beta 3(以降Beta 3)」。WordPressはバージョンアップ毎にアクションやフィルターが追加されており、今回のバージョンアップでは投稿一覧画面に影響を与えるフィルターが追加されていた。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2012年1月23日 更新)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 更新)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

プラグインがロードされた直後に何かする(2019年3月11日 更新)

5.1.0の変更箇所を見ていくとプラグインのロード毎にアクションが実行される仕組みが追加されていた。このアクションの使いどころを考えてみた。