get_archives_link

(1.0.0以降)
get_archives_link - アーカイブページのリンクテキストを取得する

説明

string get_archives_link( string $url, string $text [ , string $format = 'html' [ , string $before = '' [ , string $after = '' ] ] ] )
アーカイブページのリンクテキストを取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $text
    カテゴリー名などのリンク名を指定。
  • $format
    'html'、'link'、'option'などを指定(省略時は'html')。
  • $before
    リンク名の前に連結されるテキストを指定(省略時は'')。
  • $after
    リンク名の後に連結されるテキストを指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$formatで指定されたリンクテキストを返す。

注意

パラメータ$formatと返されるリンクテキストの書式は次の通り。'html'を指定した場合はliタグで囲まれたものになる。
$formatの値リンクテキスト
'html'"\t<li>$before<a href='$url' title='$title_text'>$text</a>$after</li>\n"
'link'"\t<link rel='archives' title='$title_text' href='$url' />\n"
'option'"\t<option value='$url'>$before $text $after</option>\n"
上記以外"\t$before<a href='$url' title='$title_text'>$text</a>$after\n"
$title_textの内容はesc_attr( $text )。

使用例

  • カテゴリ1のアーカイブページのリンクテキストを取得する。
    <?php $out = get_archives_link( 'http://localhost/category/category1', 'カテゴリ1' ); ?>
  • カテゴリ1のプルダウメニューテキストを取得する。
    <?php $out = get_archives_link( 'http://localhost/category/category1', 'カテゴリ1', 'option' ); ?>

フィルター

[2.6.0]リンクテキストを返す直前にget_archives_linkフィルターが実行される。$link_htmlには、生成されたリンクテキストの内容が格納されている。
[4.5.0]$url$text$format$before$afterが追加され、それぞれ本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'get_archives_link', $link_html, $url, $text, $format, $before, $after );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

最終更新日時 : 2016-05-22 16:00