get_attached_file

(2.0.0以降)
get_attached_file - 添付ファイルのパス名を取得する

説明

string get_attached_file( int $attachment_id [ , bool $unfiltered = false ] )
添付ファイルのパス名を取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    添付ファイルの投稿IDを指定。
  • $unfiltered
    フィルター処理を行わない場合はtrue、行う場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

添付ファイルのパス名を返す。

注意

添付ファイルのパス名は、'_wp_attached_file'という名前のカスタムフィールドに格納されており、get_post_meta関数で取得できる。

使用例

  • IDが10の添付ファイルのパス名を取得する。
    <?php $path = get_attached_file( 10 ); ?>

フィルター

パラメータ$unfilteredがfalseの場合は、パス名を返す前にget_attached_fileフィルターが呼び出される。フィルター関数に渡る$fileにはパス名が、$attachment_idには添付ファイルの投稿IDを格納されている。
return apply_filters( 'get_attached_file', $file, $attachment_id )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17