get_attached_file

(2.0.0以降)
get_attached_file - 添付ファイルのパス名を取得する

説明

string get_attached_file( int $attachment_id [ , bool $unfiltered = false ] )
添付ファイルのパス名を取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    添付ファイルの投稿IDを指定。
  • $unfiltered
    フィルター処理を行わない場合はtrue、行う場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

添付ファイルのパス名を返す。

注意

添付ファイルのパス名は、'_wp_attached_file'という名前のカスタムフィールドに格納されており、get_post_meta関数で取得できる。

使用例

  • IDが10の添付ファイルのパス名を取得する。
    <?php $path = get_attached_file( 10 ); ?>

フィルター

パラメータ$unfilteredがfalseの場合は、パス名を返す前にget_attached_fileフィルターが呼び出される。フィルター関数に渡る$fileにはパス名が、$attachment_idには添付ファイルの投稿IDを格納されている。
return apply_filters( 'get_attached_file', $file, $attachment_id )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17