get_author_posts_url

(2.1.0以降)
get_author_posts_url - 著者アーカイブページのURLを取得する

説明

string get_author_posts_url( int $author_id [ , string $author_nicename = '' ] )
著者アーカイブページのURLを取得する。

パラメータ

  • $author_id
    著者ID(ユーザID)を指定。
  • $author_nicename
    著者スラッグを指定(省略時は'')。

返り値

著者アーカイブページのURLを返す。URLは次のような書式となる。 http://ドメイン名/author/著者スラッグ または http://ドメイン名/?author=著者ID

注意

パラメータ$author_nicenameが省略された場合、$author_idの著者情報を取得し、そのスラッグ(ナイスネーム)が適用される。
パラメータ$author_nicenameが指定された場合、それがそのままURLの著者スラッグに適用される。

使用例

  • 著者IDが1の著者アーカイブページのURLを取得する。
    <?php $url = get_author_posts_url( 1 ); ?>
  • 著者のスラッグが'admin'の著者アーカイブページのURLを取得する。
    <?php $url = get_author_posts_url( 1, 'admin' ); ?>

フィルター

投稿者ページのURLを返す前にauthor_linkフィルターを実行し、そのフィルターの戻り値をこの関数の返り値とする(パラメータ$linkには投稿者ページのURLが格納されており、フィルター内で利用できる)。
apply_filters( 'author_link', $link, $author_id, $author_nicename );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

最終更新日時 : 2015-12-10 16:15