get_author_posts_url

説明

string get_author_posts_url( int $author_id [ , string $author_nicename = '' ] )
著者アーカイブページのURLを取得する。

パラメータ

  • $author_id
    著者ID(ユーザID)を指定。
  • $author_nicename
    著者スラッグを指定(省略時は'')。

返り値

著者アーカイブページのURLを返す。URLは次のような書式となる。 http://ドメイン名/author/著者スラッグ または http://ドメイン名/?author=著者ID

注意

パラメータ$author_nicenameが省略された場合、$author_idの著者情報を取得し、そのスラッグ(ナイスネーム)が適用される。
パラメータ$author_nicenameが指定された場合、それがそのままURLの著者スラッグに適用される。

使用例

  • 著者IDが1の著者アーカイブページのURLを取得する。
    <?php $url = get_author_posts_url( 1 ); ?>
  • 著者のスラッグが'admin'の著者アーカイブページのURLを取得する。
    <?php $url = get_author_posts_url( 1, 'admin' ); ?>

フィルター

投稿者ページのURLを返す前にauthor_linkフィルターを実行し、そのフィルターの戻り値をこの関数の返り値とする(パラメータ$linkには投稿者ページのURLが格納されており、フィルター内で利用できる)。
apply_filters( 'author_link', $link, $author_id, $author_nicename );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

最終更新 : 2018年03月12日 14:29



お勧め

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 更新)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年10月16日 更新)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI(2018年5月27日 更新)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

Emojin:プラグイン作ってみました(2015年3月21日 更新)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

ログインページを変える(2014年9月12日 更新)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。