get_avatar

(2.5以降)
get_avatar - アバターの画像タグを取得する

説明

string get_avatar( mixed $id_or_email [ , int $size = 96 [ , string $default = '' [ , mixed $alt = false ] ] ] )
アバターの画像タグを取得する。

パラメータ

  • $id_or_email
    ユーザーID、メールアドレス、コメント情報のいずれか。
  • $size
    サイズを指定(省略時は96)。
  • $default
    デフォルトのアバター画像タグ(省略時は'')。
  • $alt
    イメージタグのalt属性(省略時はfalseとなり、''が適用される)。

返り値

アバター画像タグを返す。

注意

「設定」-「ディスカッション」で「アバターを表示しない」を選択している場合は、文字列ではなくfalseが返る。 またパラメータ$default省略時のアバター画像は、「設定」-「ディスカッション」で設定されている「デフォルトアバター」となる。

使用例

  • アバター画像タグを取得する。
    <?php $avatar = get_avatar( 'admin@thissite.jp' ); ?>

お勧めコンテンツ

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2010-08-04 13:15