get_block_editor_settings

説明

array get_block_editor_settings( array $custom_settings, WP_Block_Editor_Context $block_editor_context )
ブロックエディター設定内容を取得する。

パラメータ

  • $custom_settings
    ブロックエディター設定の初期値を示す連想配列を指定。
  • $block_editor_context
    WP_Block_Editor_Contextオブジェクトを指定。

返り値

ブロックエディター設定内容を格納した連想配列を返す。

注意

これまでのバージョンではブロックエディター設定の初期化として'block_editor_settings'フィルターが利用されていたが、5.8.0では本関数が定義された。'block_editor_settings'フィルターは非推奨になり、代わりとして'block_editor_settings_all'フィルターがある。

ブロックエディター設定内容は、パラメータ$custom_settings get_default_block_editor_settings関数の返り値、theme.jsonの内容がマージされたものとなる。


使用例

  • ブロックエディター設定内容を取得する
    $settings = get_block_editor_settings( $settings, $block_editor_context );

フィルター

[5.8.0]ブロックエディター設定内容を返す前に'block_editor_settings_all'フィルターを呼び出す。パラメータ$editor_settingsにはブロックエディター設定内容を示す連想配列が、$block_editor_contextには本関数が受け取った内容が格納されている。
$editor_settings = apply_filters( 'block_editor_settings_all', $editor_settings, $block_editor_context );
[5.0.0]ブロックエディター設定内容を返す前に'block_editor_settings'フィルターを呼び出す。パラメータ$editor_settingsにはブロックエディター設定内容を示す連想配列が、$postには$block_editor_contextに含まれている投稿情報が格納されている。
$editor_settings = apply_filters( 'block_editor_settings', $editor_settings, $post );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/block-editor.php

最終更新 : 2021年08月17日 15:02



お勧め

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 更新)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2018年5月27日 更新)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 更新)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2018年5月27日 更新)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 更新)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。