get_block_editor_settings

説明

array get_block_editor_settings( array $custom_settings, WP_Block_Editor_Context $block_editor_context )
ブロックエディター設定内容を取得する。

パラメータ

  • $custom_settings
    ブロックエディター設定の初期値を示す連想配列を指定。
  • $block_editor_context
    WP_Block_Editor_Contextオブジェクトを指定。

返り値

ブロックエディター設定内容を格納した連想配列を返す。

注意

これまでのバージョンではブロックエディター設定の初期化として'block_editor_settings'フィルターが利用されていたが、5.8.0では本関数が定義された。'block_editor_settings'フィルターは非推奨になり、代わりとして'block_editor_settings_all'フィルターがある。

ブロックエディター設定内容は、パラメータ$custom_settings get_default_block_editor_settings関数の返り値、theme.jsonの内容がマージされたものとなる。


使用例

  • ブロックエディター設定内容を取得する
    $settings = get_block_editor_settings( $settings, $block_editor_context );

フィルター

[5.8.0]ブロックエディター設定内容を返す前に'block_editor_settings_all'フィルターを呼び出す。パラメータ$editor_settingsにはブロックエディター設定内容を示す連想配列が、$block_editor_contextには本関数が受け取った内容が格納されている。
$editor_settings = apply_filters( 'block_editor_settings_all', $editor_settings, $block_editor_context );
[5.0.0]ブロックエディター設定内容を返す前に'block_editor_settings'フィルターを呼び出す。パラメータ$editor_settingsにはブロックエディター設定内容を示す連想配列が、$postには$block_editor_contextに含まれている投稿情報が格納されている。
$editor_settings = apply_filters( 'block_editor_settings', $editor_settings, $post );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/block-editor.php

最終更新 : 2021年08月17日 15:02



お勧め

oEmbed対応サイトを整理した(2020年4月6日 更新)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

5.7の機能拡張:エクスポートファイルに更新日時が追加ほか(2021年2月23日 更新)

WordPressはサイト移行を支援する機能として投稿情報のエクスポート機能を備えている。5.7ではこのエクスポート機能が改良され、更新日時情報が追加されるようだ。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2018年5月27日 更新)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 更新)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

個人データのエクスポートメール向けに追加された新フィルター(2020年4月2日 更新)

先週「WordPress 5.4 RC3」が公開され、正式リリースまであと1週間。ブロックエディターの機能強化が目立つわけですが、地味な変更点もちらほらと。今回はその中の1つ、「個人データのエクスポート」機能に関連するフィルターを紹介する。