get_bloginfo

(0.71以降)
get_bloginfo - サイト情報を取得する

説明

mixed get_bloginfo( [ string $show = '' [ , string $filter = 'raw' ] ] )
パラメータ$showで指定されたサイト情報を取得する。

パラメータ

  • $show
    サイト情報のキーワード。主なキーワードは次の通り。
    キーワード適用
    urlブログのアドレス(管理画面「一般設定」)※
    wpurlWordPressのアドレス(管理画面「一般設定」)※
    descriptionキャッチフレーズ(管理画面「一般設定」)
    nameブログタイトル(管理画面「一般設定」)
    admin_emailメールアドレス(管理画面「一般設定」)
    rdf_url投稿ページのRDFフィードURL
    rss_url投稿ページのRSSフィードURL
    rss2_url投稿ページのRSSフィードURL
    atom_url投稿ページのAtomフィードURL
    comments_rss2_url投稿コメントのRSSフィードURL
    comments_atom_url投稿コメントのAtomフィードURL
    pingback_urlピンバックURL
    stylesheet_urlテーマ内のstyle.cssファイルのURL
    stylesheet_directoryテーマ内のstyle.cssがあるディレクトリのURL
    template_directory
    template_url
    現在のテーマ(テンプレート)のURL
    charsetページとフィードの文字コード(管理画面「表示設定」)
    html_typeページタイプ('text/html'など)
    language選択されている言語名
    versionWordPressのバージョン情報
    • ※WordPress MUの場合、設定画面が異なる。
  • $filter
    サイト情報を後処理を行うフィルターを指定。'display'の場合は、表示向けのフィルター処理を行う。

返り値

パラメータ$showで指定されたサイト情報の値を返す。パラメータ$showに''やサポートしていないキーワードが指定された場合は、ブログタイトルを返す。

注意

パラメータ$showにおいて'home'および'siteurl'は非推奨で、これらは'url'のエイリアスである。

使用例

  • ブログタイトルを取得する。
    <?php $url = get_bloginfo( 'name' ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

最終更新日時 : 2014-04-01 11:21