get_body_class

(2.8.0以降)
get_body_class - bodyタグのclass属性値を取得する

説明

array get_body_class( [ string $class = '' ] )
bodyタグのclass属性値を取得する。

パラメータ

  • $class
    class属性として追加するクラス名の文字列またはその配列

返り値

class属性値を含んだ配列を返す。
ページタイプ別の配列の内容は、おおよそ次の通り。
ページタイプ(テーマ内ファイル名)戻り値
ホーム(index.php){ 'home', 'blog' }
日付別アーカイブ
(archive.php, date.php)
{ 'archive', 'date' }
カテゴリー別アーカイブ
(archive.php, category.php)
{ 'archive', 'category', 'category-1' }
※「1」の部分にはカテゴリーのスラッグが入る。
タグ別アーカイブ
(archive.php, tag.php)
{ 'archive', 'tag', 'tag-mini' }
※「mini」の部分にはタグのスラッグが入る。
著者別アーカイブ
(archive.php, author.php)
{ archive author author-admin }
※「admin」の部分には著者名が入る。
投稿(single.php){ 'single', 'single-post', 'postid-152' }
※「152」の部分には投稿情報IDが入る。
ページ(page.php){ 'page', 'page-id-2', 'page-template', 'page-template-default' }
※「2」の部分には投稿情報IDが入る。
検索結果ページ(search.php){ 'search', 'search-results' }
404ページ(404.php){ 'error404' }
ログイン時(共通)配列に'logged-in'が含まれる

注意

特にありません。

使用例

  • bodyタグのclass属性値を取得する。
    <?php $class_arr = get_body_class( ); ?>

フィルター

クラス名の配列を返す直前にbody_classフィルターを実行する。パラメータ$classesにはクラス名の配列が、 パラメータ$classには本関数で受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'body_class', $classes, $class );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • body_class - bodyタグのclass属性を表示する

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2012-06-23 16:01