get_bookmark_field

(2.3.0以降)
get_bookmark_field - リンク情報の要素値を取得する

説明

mixed get_bookmark_field( string $field, int $bookmark [ , string $context = 'display' ] )
リンク情報の要素値を取得する。

パラメータ

  • $field
    リンク情報の要素(プロパティ)名を指定。指定できる名前は次の通り。
    要素(プロパティ)名意味
    link_idID
    link_urlウェブアドレス
    link_name名前
    link_image画像のアドレス
    link_targetリンクターゲット(''、'_top'、'_blank')
    link_description説明
    link_visible表示状態(表示の場合は'Y')
    link_ownerオーナーID
    link_rating評価(0~10)
    link_updated更新日時
    link_relrel
    link_notesメモ
    link_rssRSSのアドレス
    link_categoryリンクカテゴリーIDの配列
  • $bookmark
    リンクIDを指定。
  • $context
    要素値の使用方法(フィルター名)を指定(省略時は'display')。
    使用方法(フィルター名)意味
    rawフィルター処理は行わない(生データ)
    edit編集向けのフィルター処理を行う
    attribute属性値向けフィルター処理を行う
    jsJavaScript向けフィルター処理を行う
    dbデータベース向けフィルター処理を行う
    display表示向けフィルター処理を行う

返り値

リンク情報の要素値を返す。なお、パラメータの何れかが無効な場合は''を返す。

注意

この関数内では、get_bookmark関数を使用しリンク情報を取得している。

使用例

  • リンク情報を取得する。
    <?php $link = get_bookmark_field( 'link_name', 1 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

最終更新日時 : 2011-06-11 16:11