get_calendar

(1.0.0以降)
get_calendar - カレンダーを表示する

説明

string get_calendar( [ bool $initial = true [, bool $echo = true ] ] )
投稿ページへのリンク付きカレンダー(1月分)を表示する。

パラメータ

  • $initial
    曜日の名前を初期化する場合はtrue、初期化しない場合はfalseを指定。
  • $echo
    カレンダーを表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合のみカレンダーのHTMLテキストを返す。そのほかの場合、返り値はありません。

注意

この関数はカレンダーウィジェットに使用されており、表示(出力)されるカレンダーは、管理者ページ「一般設定」の「週の始まり」で指定された「曜日」から始まる。 関数名はgetで始まるが、パラメータ$echoがtrueの場合(省略時)はカレンダーをすぐに表示し、何も返さない。

使用例

  • カレンダーを表示する。
    <?php get_calendar( ); ?>
  • カレンダーのHTMLテキストを取得する。
    <?php $cal = get_calendar( true, false ); ?>

関連

  • get_sidebar - テーマ内のsidebar.phpを読み込む

お勧めコンテンツ

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2011-08-20 23:35