get_calendar

(1.0.0以降)
get_calendar - カレンダーを表示する

説明

string get_calendar( [ bool $initial = true [, bool $echo = true ] ] )
投稿ページへのリンク付きカレンダー(1月分)を表示する。

パラメータ

  • $initial
    曜日の名前を初期化する場合はtrue、初期化しない場合はfalseを指定。
  • $echo
    カレンダーを表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合のみカレンダーのHTMLテキストを返す。そのほかの場合、返り値はありません。

注意

この関数はカレンダーウィジェットに使用されており、表示(出力)されるカレンダーは、管理者ページ「一般設定」の「週の始まり」で指定された「曜日」から始まる。 関数名はgetで始まるが、パラメータ$echoがtrueの場合(省略時)はカレンダーをすぐに表示し、何も返さない。

使用例

  • カレンダーを表示する。
    <?php get_calendar( ); ?>
  • カレンダーのHTMLテキストを取得する。
    <?php $cal = get_calendar( true, false ); ?>

関連

  • get_sidebar - テーマ内のsidebar.phpを読み込む

お勧めコンテンツ

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

最終更新日時 : 2011-08-20 23:35