get_calendar

(1.0.0以降)
get_calendar - カレンダーを表示する

説明

string get_calendar( [ bool $initial = true [, bool $echo = true ] ] )
投稿ページへのリンク付きカレンダー(1月分)を表示する。

パラメータ

  • $initial
    曜日の名前を初期化する場合はtrue、初期化しない場合はfalseを指定。
  • $echo
    カレンダーを表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合のみカレンダーのHTMLテキストを返す。そのほかの場合、返り値はありません。

注意

この関数はカレンダーウィジェットに使用されており、表示(出力)されるカレンダーは、管理者ページ「一般設定」の「週の始まり」で指定された「曜日」から始まる。 関数名はgetで始まるが、パラメータ$echoがtrueの場合(省略時)はカレンダーをすぐに表示し、何も返さない。

使用例

  • カレンダーを表示する。
    <?php get_calendar( ); ?>
  • カレンダーのHTMLテキストを取得する。
    <?php $cal = get_calendar( true, false ); ?>

関連

  • get_sidebar - テーマ内のsidebar.phpを読み込む

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

最終更新日時 : 2011-08-20 23:35