get_cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
get_cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを取得する

説明

string get_cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

コメント返信のキャンセル用リンクを返す。

注意

cancel_comment_reply_link関数ではこの関数を呼び出してコメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用を生成して表示している。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

[2.7.0]リンクテキストを返す直前に'cancel_comment_reply_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$formatted_linkはリンクテキスト、$linkはリンク先URL, $textはリンクの表示テキストが格納されている。
return apply_filters( 'cancel_comment_reply_link', $formatted_link, $link, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:40