get_cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
get_cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを取得する

説明

string get_cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

コメント返信のキャンセル用リンクを返す。

注意

cancel_comment_reply_link関数ではこの関数を呼び出してコメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用を生成して表示している。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

[2.7.0]リンクテキストを返す直前に'cancel_comment_reply_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$formatted_linkはリンクテキスト、$linkはリンク先URL, $textはリンクの表示テキストが格納されている。
return apply_filters( 'cancel_comment_reply_link', $formatted_link, $link, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:40