get_cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
get_cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを取得する

説明

string get_cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

コメント返信のキャンセル用リンクを返す。

注意

cancel_comment_reply_link関数ではこの関数を呼び出してコメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用を生成して表示している。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

[2.7.0]リンクテキストを返す直前に'cancel_comment_reply_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$formatted_linkはリンクテキスト、$linkはリンク先URL, $textはリンクの表示テキストが格納されている。
return apply_filters( 'cancel_comment_reply_link', $formatted_link, $link, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:40