get_cancel_comment_reply_link

(2.7.0以降)
get_cancel_comment_reply_link - コメント返信のキャンセル用リンクを取得する

説明

string get_cancel_comment_reply_link( [ string $text = '' ] )
コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。

パラメータ

  • $text
    キャンセル用のテキストを指定(省略時は'')。

返り値

コメント返信のキャンセル用リンクを返す。

注意

cancel_comment_reply_link関数ではこの関数を呼び出してコメント投稿フォームのタイトル横に表示するリンク用を生成して表示している。

使用例

  • コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link(); ?>
  • キャンセル用のテキストを指定して、コメント返信のキャンセル用リンクを取得する。
    <?php $link = get_cancel_comment_reply_link( '返信を取り消し' ); ?>

フィルター

[2.7.0]リンクテキストを返す直前に'cancel_comment_reply_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$formatted_linkはリンクテキスト、$linkはリンク先URL, $textはリンクの表示テキストが格納されている。
return apply_filters( 'cancel_comment_reply_link', $formatted_link, $link, $text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-10-06 14:40