get_cat_name

(1.0.0以降)
get_cat_name - カテゴリー名を取得する

説明

string get_cat_name( int $cat_id )
カテゴリーIDからカテゴリー名を取得する。

パラメータ

  • $cat_id
    カテゴリーID。

返り値

カテゴリー名を返す。

注意

同じ機能のget_catname関数は非推奨なので、目的が同じならばこちらを利用する。

使用例

  • カテゴリーIDが10のカテゴリー名を取得する。
    <?php $cat_name = get_cat_name( 10 ); ?>

関連

  • get_category - カテゴリー情報を取得する
  • get_cat_ID - カテゴリーIDを取得する
  • is_category - カテゴリーアーカイブページか調べる

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2010-01-04 14:29