get_cat_name

(1.0.0以降)
get_cat_name - カテゴリー名を取得する

説明

string get_cat_name( int $cat_id )
カテゴリーIDからカテゴリー名を取得する。

パラメータ

  • $cat_id
    カテゴリーID。

返り値

カテゴリー名を返す。

注意

同じ機能のget_catname関数は非推奨なので、目的が同じならばこちらを利用する。

使用例

  • カテゴリーIDが10のカテゴリー名を取得する。
    <?php $cat_name = get_cat_name( 10 ); ?>

関連

  • get_category - カテゴリー情報を取得する
  • get_cat_ID - カテゴリーIDを取得する
  • is_category - カテゴリーアーカイブページか調べる

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2010-01-04 14:29