get_categories

(2.1.0以降)
get_categories - カテゴリー情報を取得する

説明

array get_categories( [ mixed $args = '' ] )
条件を指定してカテゴリー情報を検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、none、idなど(省略時は'name')
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    hide_empty投稿記事がないカテゴリーを取得しない場合はtrue(1)、投稿記事がないカテゴリーも取得する場合はfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    exclude取得したくないカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude_tree取得したくないカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る)。指定されたIDのカテゴリーが子カテゴリーを持っている場合、それらの子カテゴリーも除外される。
    include取得したいカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    number取得件数(省略時は条件にマッチするすべてを取得する)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    fields情報項目を示すall、count、ids、namesなどを指定(省略時はall)
    slug取得したいカテゴリーのスラッグを指定
    hierarchicaltrue(1)またはfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    search取得したいカテゴリーの名前(その一部)を指定
    name__like取得したいカテゴリーの名前の先頭部分を指定
    pad_counts子カテゴリーの投稿件数を親カテゴリーに加算する場合はtrue(1)を指定(省略時はfalse)
    getすべてのカテゴリー情報を取得する場合にallを指定
    child_ofカテゴリーのIDを指定(そのIDのカテゴリーの子孫がすべて対象となる)
    parentカテゴリーのIDを指定(そのIDのカテゴリーの子カテゴリーのみが対象となる)

返り値

マッチしたすべてのデータが格納された配列を返す。カテゴリー情報のメンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は必ず'category'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
cat_IDintカテゴリーID(term_idのエイリアス)
category_countint投稿数(countのエイリアス)
category_descriptionstring説明(descriptionのエイリアス)
cat_namestringカテゴリー名(nameのエイリアス)
category_nicenamestringナイスネーム(slugのエイリアス)
category_parentint親カテゴリーID(parentのエイリアス)

注意

デフォルトでは'hide_empty'がtrueのため、投稿のないカテゴリーは取得できない。投稿数に関係なくすべてのカテゴリー情報を取得する場合は、'get=all'を指定するのが便利。
なお'parent'が指定された場合は、'child_of=0'、'hierarchical=false'、'pad_counts=false'へと強制的に変更される。
また'get=all'が指定された場合は、'child_of=0'、'hide_empty=0'、'hierarchical=false'、'pad_counts=false'へと強制的に変更される。

使用例

  • すべてのカテゴリー情報を取得する。
    <?php $categories = get_categories( 'get=all' ) ); ?>

フィルター

get_categories_taxonomyフィルターを実行し、パラメータ$args['taxonomy']の値が適切なものなのかを調べ、有効なタクソノミー名を返す。ただし、通常は$args['taxonomy']を指定することはなく、この関数の冒頭で'category'が格納されている。
$taxonomy = apply_filters( 'get_categories_taxonomy', $args['taxonomy'], $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category.php

関連

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2012-02-10 22:19