get_categories

(2.1.0以降)
get_categories - カテゴリー情報を取得する

説明

array get_categories( [ mixed $args = '' ] )
条件を指定してカテゴリー情報を検索し、マッチしたすべてのデータを取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、none、idなど(省略時は'name')
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    hide_empty投稿記事がないカテゴリーを取得しない場合はtrue(1)、投稿記事がないカテゴリーも取得する場合はfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    exclude取得したくないカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude_tree取得したくないカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る)。指定されたIDのカテゴリーが子カテゴリーを持っている場合、それらの子カテゴリーも除外される。
    include取得したいカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る)
    number取得件数(省略時は条件にマッチするすべてを取得する)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    fields情報項目を示すall、count、ids、namesなどを指定(省略時はall)
    slug取得したいカテゴリーのスラッグを指定
    hierarchicaltrue(1)またはfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    search取得したいカテゴリーの名前(その一部)を指定
    name__like取得したいカテゴリーの名前の先頭部分を指定
    pad_counts子カテゴリーの投稿件数を親カテゴリーに加算する場合はtrue(1)を指定(省略時はfalse)
    getすべてのカテゴリー情報を取得する場合にallを指定
    child_ofカテゴリーのIDを指定(そのIDのカテゴリーの子孫がすべて対象となる)
    parentカテゴリーのIDを指定(そのIDのカテゴリーの子カテゴリーのみが対象となる)

返り値

マッチしたすべてのデータが格納された配列を返す。カテゴリー情報のメンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は必ず'category'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
cat_IDintカテゴリーID(term_idのエイリアス)
category_countint投稿数(countのエイリアス)
category_descriptionstring説明(descriptionのエイリアス)
cat_namestringカテゴリー名(nameのエイリアス)
category_nicenamestringナイスネーム(slugのエイリアス)
category_parentint親カテゴリーID(parentのエイリアス)

注意

デフォルトでは'hide_empty'がtrueのため、投稿のないカテゴリーは取得できない。投稿数に関係なくすべてのカテゴリー情報を取得する場合は、'get=all'を指定するのが便利。
なお'parent'が指定された場合は、'child_of=0'、'hierarchical=false'、'pad_counts=false'へと強制的に変更される。
また'get=all'が指定された場合は、'child_of=0'、'hide_empty=0'、'hierarchical=false'、'pad_counts=false'へと強制的に変更される。

使用例

  • すべてのカテゴリー情報を取得する。
    <?php $categories = get_categories( 'get=all' ) ); ?>

フィルター

get_categories_taxonomyフィルターを実行し、パラメータ$args['taxonomy']の値が適切なものなのかを調べ、有効なタクソノミー名を返す。ただし、通常は$args['taxonomy']を指定することはなく、この関数の冒頭で'category'が格納されている。
$taxonomy = apply_filters( 'get_categories_taxonomy', $args['taxonomy'], $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

最終更新日時 : 2012-02-10 22:19