get_category

(1.5.1以降)
get_category - カテゴリー情報を取得する

説明

mixed get_category( mixed $category [ , string $output = OBJECT [ , string $filter = 'raw' ] ] )
IDを指定してカテゴリー情報を取得する。

パラメータ

  • $category
    カテゴリーIDまたはカテゴリー情報のオブジェクトを指定。
  • $output
    出力型を示すOBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れか(省略時はOBJECT)。
  • $filter
    フィルター名(省略時は'raw')。

返り値

カテゴリーが見つかった場合はそのカテゴリー情報をパラメータ$outputで指定された型で返す。カテゴリーが見つからなかった場合はWP_Errorのオブジェクトを返す。 $outputがOBJECTの場合(デフォルト)、メンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は'category'、タグの場合は'post_tag'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
cat_IDintID(term_idのエイリアス)
cat_namestring名前(nameのエイリアス)
category_nicenamestringスラッグ(slugのエイリアス)
category_descriptionstring説明(descriptionのエイリアス)
category_parentint親カテゴリーID(parentのエイリアス)
category_countint投稿数(countのエイリアス)

注意

返り値はWP_Errorのオブジェクトの場合あるので、返り値がオブジェクトであってもis_wp_error関数で確認するのが望ましい。 またパラメータ$termにカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定した場合、フィルター処理を行った後、$outputで指定した型に変換したデータを返す。

使用例

  • IDが10のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $cat = get_category( 10 ); ?>
  • IDが10のカテゴリー情報を連想配列で取得する。
    <?php $cat = get_category( 10, ARRAY_A ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

最終更新日時 : 2011-05-25 19:47