get_category_by_slug

(2.3.0以降)
get_category_by_slug - カテゴリー情報を取得する

説明

mixed get_category_by_slug( string $slug )
カテゴリーのスラッグからカテゴリー情報を取得する。

パラメータ

  • $slug
    カテゴリーのスラッグ。

返り値

カテゴリーが見つかった場合はそのカテゴリー情報(オブジェクト)を返す。カテゴリーが見つからなかった場合はfalseを返す。 カテゴリー情報のメンバー変数は次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は必ず'category'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
cat_IDintカテゴリーID(term_idのエイリアス)
category_countint投稿数(countのエイリアス)
category_descriptionstring説明(descriptionのエイリアス)
cat_namestringカテゴリー名(nameのエイリアス)
category_nicenamestringナイスネーム(slugのエイリアス)
category_parentint親カテゴリーID(parentのエイリアス)

注意

特にありません。

使用例

  • スラッグが'blog'のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $cat = get_category_by_slug( 'blog' ); ?>

関連

  • get_categories - カテゴリー情報を取得する
  • get_term_by - カテゴリー・タグ情報を取得する
  • is_category - カテゴリーアーカイブページか調べる

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

最終更新日時 : 2010-12-02 10:37