get_category_parents

(1.2.0以降)
get_category_parents - 親カテゴリー名を含んだカテゴリー名を取得する

説明

mixed get_category_parents( int $id [ , bool $link = false [ , string $separator = '/' [ , bool $nicename = false [ , array $deprecated $visited = array() ] ] ] ] )
親カテゴリー名を含んだカテゴリー名を取得する。

パラメータ

  • $id
    カテゴリーID。
  • $link
    カテゴリー名をリンクで取得する場合はtrue、名前のみの場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $separator
    区切り文字(省略時は'/')。
  • $nicename
    カテゴリーのスラッグを取得する場合はtrue、カテゴリー名を取得する場合はfalse(省略時はfalse)。
  • $deprecated $visited
    [4.8.0]廃止閲覧済みのカテゴリーIDの配列(省略時はarray())。

返り値

親カテゴリー名を含んだカテゴリー名を返す。ただし、パラメータ$idが無効なカテゴリーIDの場合は、WP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$idで指定したカテゴリーの名前について、親カテゴリーの名前と連結してものを返す。各カテゴリーの名前の後にはそれぞれ区切り文字が連結される(パラメータ$idで指定したカテゴリーの名前にも区切り文字が連結される)。

[4.8.0]第5パラメータが廃止となった。カテゴリーIDが格納された配列が指定された場合は内部で空の配列に変更されるため、これまでと異なる結果となる。

使用例

  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名を取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7 ); ?>
    $catの内容:(親子関係のあるカテゴリーが、それぞれ親(IDが3、スラッグがparent)、子(IDが5、スラッグがchild)、孫(IDが7、スラッグがgrandchild)の場合)
    親/子/孫/
  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名(スラッグ)を取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7, false, '/', true ); ?>
    $catの内容:
    parent/child/grandchild/
  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名(リンク付き)を区切り文字>で取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7, true, ' &gt; ' ); ?>
    $catの内容:(ドメインがlocalhostの場合)
    <a href="http://localhost/?cat=3" title="親 の投稿をすべて表示">親</a> &gt; <a href="http://localhost/?cat=5" title="子 の投稿をすべて表示">子</a> &gt; <a href="http://localhost/?cat=7" title="孫 の投稿をすべて表示">孫</a> &gt;

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

最終更新日時 : 2017-06-10 16:26