get_category_parents

説明

mixed get_category_parents( int $id [ , bool $link = false [ , string $separator = '/' [ , bool $nicename = false [ , array $deprecated $visited = array() ] ] ] ] )
親カテゴリー名を含んだカテゴリー名を取得する。

パラメータ

  • $id
    カテゴリーID。
  • $link
    カテゴリー名をリンクで取得する場合はtrue、名前のみの場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $separator
    区切り文字(省略時は'/')。
  • $nicename
    カテゴリーのスラッグを取得する場合はtrue、カテゴリー名を取得する場合はfalse(省略時はfalse)。
  • $deprecated $visited
    [4.8.0]廃止閲覧済みのカテゴリーIDの配列(省略時はarray())。

返り値

親カテゴリー名を含んだカテゴリー名を返す。ただし、パラメータ$idが無効なカテゴリーIDの場合は、 WP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$idで指定したカテゴリーの名前について、親カテゴリーの名前と連結してものを返す。各カテゴリーの名前の後にはそれぞれ区切り文字が連結される(パラメータ$idで指定したカテゴリーの名前にも区切り文字が連結される)。

[4.8.0]第5パラメータが廃止となった。カテゴリーIDが格納された配列が指定された場合は内部で空の配列に変更されるため、これまでと異なる結果となる。


使用例

  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名を取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7 ); ?>
    $catの内容:(親子関係のあるカテゴリーが、それぞれ親(IDが3、スラッグがparent)、子(IDが5、スラッグがchild)、孫(IDが7、スラッグがgrandchild)の場合)
    親/子/孫/
  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名(スラッグ)を取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7, false, '/', true ); ?>
    $catの内容:
    parent/child/grandchild/
  • カテゴリーIDが7のカテゴリー名(リンク付き)を区切り文字>で取得する。
    <?php $cat = get_category_parents( 7, true, ' &gt; ' ); ?>
    $catの内容:(ドメインがlocalhostの場合)
    <a href="http://localhost/?cat=3" title="親 の投稿をすべて表示">親</a> &gt; <a href="http://localhost/?cat=5" title="子 の投稿をすべて表示">子</a> &gt; <a href="http://localhost/?cat=7" title="孫 の投稿をすべて表示">孫</a> &gt;

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:53



お勧め

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2018年5月27日 更新)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2018年5月27日 更新)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

Gutenbergでカスタムフィールドを使う(2018年8月10日 更新)

Gutenbergの新エディターではカスタムフィールドのウィジェットが表示されない。既存のカスタムフィールドのデータはなくなるわけでないので、新エディター上で編集・更新できないか調べてみた。

Login rebuilder 2.4.0の新機能を紹介(2018年5月27日 更新)

昨日、約半年ぶりにLogin rebuilderをアップデートし、著者ページ(author page)の閲覧を制限できる機能を追加した。この機能は、著者ページの閲覧によってユーザーIDが類推されることを防ぐことが目的としている。

ブロックエディターで編集したページが出力した余分な改行を削除(2019年2月22日 更新)

ブロックエディターで編集したページのHTMLソースは、投稿本文部分の改行が目立った。Webページとしての表示は問題ないのだが、データとしては不要なので削除することにした。