get_comment

(2.0.0以降)
get_comment - コメント情報を取得する

説明

mixed get_comment( mixed &$comment [ , string $output = OBJECT ] )
コメント情報を取得する。

パラメータ

  • $comment
    コメントIDまたはコメント情報を指定。
  • $output
    取得データ形式としてOBJECT、ARRAY_A、ARRAY_Nの何れかを指定(省略時はOBJECT)。

返り値

コメント情報をパラメータ$outputで指定された形式で返す。パラメータ$commentに該当するコメント情報がない場合はNULLを返す。コメント情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
comment_IDintコメントID
comment_post_IDintコメントされた投稿情報のID
comment_authorstringコメント投稿者
comment_author_emailstringコメント投稿者のメールアドレス
comment_author_urlstringコメント投稿者のURL
comment_author_IPstringコメント投稿者のIPアドレス
comment_datestringコメント投稿日時(ローカル)
comment_date_gmtstringコメント投稿日時(世界標準時)
comment_contentintコメント内容
comment_karmaintカルマ
comment_approvedint許諾状況(許諾されている場合は1)
comment_agentstringエージェント
comment_typestringコメントタイプ
comment_parentint親コメントID
user_idintユーザID

注意

パラメータ$commentには、コメントIDを直接指定することはできず(指定するとエラーになるため)、必ず変数に格納し、その変数を指定しなければならない。

使用例

  • コメントIDが10のコメント情報をオブジェクト形式で取得する。
    <?php $data = get_comment( $comment = 10 ); ?>
  • コメントIDが10のコメント情報を連想配列形式で取得する。
    <?php $data = get_comment( $comment = 10, ARRAY_A ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-12-19 15:55