get_comment_author

(1.5.0以降)
get_comment_author - コメント投稿者名を取得する

説明

string get_comment_author( [ int $comment_ID = 0 ] )
コメント投稿者名を取得する。

パラメータ

  • $comment_ID
    コメントIDを指定(省略時は0)。

返り値

フルパス名またはフルパス名の配列を返す。

注意

パラメータ$comment_IDが0の場合は現在のコメントの投稿者名を取得する。

コメント情報の投稿者名(comment_author)が空の場合には、コメント情報のユーザーID(user_id)からユーザー情報を取得し、その表示名(display_name)を投稿者名としている。この時、ユーザー情報を取得できない場合は、'Anonymous'(日本語環境では'匿名')となる。

使用例

  • 現在のコメントの投稿者名を取得する。
    <?php $author = get_comment_author(); ?>
  • コメントIDが10のコメントの投稿者名を取得する。
    <?php $author = get_comment_author( 10 ); ?>

フィルター

[1.5.0]コメント投稿者名を返す直前に'get_comment_author'フィルターを呼び出す。パラメータ$authorは投稿者名となる。4.1.0以降の場合、$comment_IDには本関数が受け取ったコメントID、$commentにそのコメント情報となる。

return apply_filters( 'get_comment_author', $author, $comment_ID, $comment );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comment_form_title - コメント投稿フォームのタイトルを表示する
  • get_comment - コメント情報を取得する
  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する

お勧めコンテンツ

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-12-19 15:55