get_comment_id_fields

(2.7.0以降)
get_comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する

説明

string get_comment_id_fields( [ int $id = 0 ] )
コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。

パラメータ

  • $id
    コメント対象の投稿IDを指定(省略時は0)。

返り値

コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す。

注意

コメント投稿フォーム向けとして、comment_id_fields関数から呼び出される。

パラメータ$idが0の場合は、get_the_ID関数を使用して現在の投稿情報のIDを取得している。

使用例

  • コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields(); ?>
  • 投稿IDのパラメータ$post_idを指定して、コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields( $post_id ); ?>

フィルター

[3.0.0]コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す直前に'comment_id_fields'フィルターを呼び出す。パラメータ$resultは隠しフィールド、$idは投稿ID, $replytoidはコメント返信元のコメントIDが格納されている。
return apply_filters( 'comment_id_fields', $result, $id, $replytoid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを出力する
  • get_the_ID - 現在の投稿情報のIDを取得する

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2014-10-06 15:31