get_comment_id_fields

(2.7.0以降)
get_comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する

説明

string get_comment_id_fields( [ int $id = 0 ] )
コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。

パラメータ

  • $id
    コメント対象の投稿IDを指定(省略時は0)。

返り値

コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す。

注意

コメント投稿フォーム向けとして、comment_id_fields関数から呼び出される。

パラメータ$idが0の場合は、get_the_ID関数を使用して現在の投稿情報のIDを取得している。

使用例

  • コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields(); ?>
  • 投稿IDのパラメータ$post_idを指定して、コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields( $post_id ); ?>

フィルター

[3.0.0]コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す直前に'comment_id_fields'フィルターを呼び出す。パラメータ$resultは隠しフィールド、$idは投稿ID, $replytoidはコメント返信元のコメントIDが格納されている。
return apply_filters( 'comment_id_fields', $result, $id, $replytoid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを出力する
  • get_the_ID - 現在の投稿情報のIDを取得する

お勧めコンテンツ

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

最終更新日時 : 2014-10-06 15:31