get_comment_id_fields

(2.7.0以降)
get_comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する

説明

string get_comment_id_fields( [ int $id = 0 ] )
コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。

パラメータ

  • $id
    コメント対象の投稿IDを指定(省略時は0)。

返り値

コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す。

注意

コメント投稿フォーム向けとして、comment_id_fields関数から呼び出される。

パラメータ$idが0の場合は、get_the_ID関数を使用して現在の投稿情報のIDを取得している。

使用例

  • コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields(); ?>
  • 投稿IDのパラメータ$post_idを指定して、コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields( $post_id ); ?>

フィルター

[3.0.0]コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す直前に'comment_id_fields'フィルターを呼び出す。パラメータ$resultは隠しフィールド、$idは投稿ID, $replytoidはコメント返信元のコメントIDが格納されている。
return apply_filters( 'comment_id_fields', $result, $id, $replytoid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを出力する
  • get_the_ID - 現在の投稿情報のIDを取得する

お勧めコンテンツ

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

最終更新日時 : 2014-10-06 15:31