get_comment_id_fields

(2.7.0以降)
get_comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する

説明

string get_comment_id_fields( [ int $id = 0 ] )
コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。

パラメータ

  • $id
    コメント対象の投稿IDを指定(省略時は0)。

返り値

コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す。

注意

コメント投稿フォーム向けとして、comment_id_fields関数から呼び出される。

パラメータ$idが0の場合は、get_the_ID関数を使用して現在の投稿情報のIDを取得している。

使用例

  • コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields(); ?>
  • 投稿IDのパラメータ$post_idを指定して、コメント投稿フォームの隠しフィールドを取得する。
    <?php $fields = get_comment_id_fields( $post_id ); ?>

フィルター

[3.0.0]コメント投稿フォームの隠しフィールドを返す直前に'comment_id_fields'フィルターを呼び出す。パラメータ$resultは隠しフィールド、$idは投稿ID, $replytoidはコメント返信元のコメントIDが格納されている。
return apply_filters( 'comment_id_fields', $result, $id, $replytoid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comment_id_fields - コメント投稿フォームの隠しフィールドを出力する
  • get_the_ID - 現在の投稿情報のIDを取得する

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2014-10-06 15:31