get_comment_pages_count

(2.7.0以降)
get_comment_pages_count - コメントページ数を取得する

説明

int get_comment_pages_count( [ array $comments = null [ , int $per_page = null [ , bool $threaded = null ] ] ] )
コメントページ数を取得する。

パラメータ

  • $comments
    コメント情報を配列で指定(省略時はnull)。
  • $per_page
    1ページのコメント数を指定(省略時はnull)。
  • $threaded
    スレッドスタイルの場合はtrueを指定(省略時はnull)。

返り値

コメントページ数を返す。コメント情報がない場合は0を返す。

注意

パラメータ$commentsが省略されている場合は、現在の投稿ページのコメント情報($wp_query->comments)が適用される。

「ディスカッション設定」の「他のコメント設定」-「1ページあたり...」がチェックされておらず(get_option( 'page_comments' )の値が1以外)、表示可能なコメントがある場合、1を返す。

パラメータ$per_pageが省略されている場合、クエリー'comments_per_page'の値、1ページあたりのコメント数(get_option( 'comments_per_page' )の値)の順に適用される。

使用例

  • 現在の投稿ページのコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count(); ?>
  • 取得済みのコメント情報からコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count( $comments ); ?>
  • 取得済みのコメント情報から、1ページのコメント数を10、スレッドスタイルとしてコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count( $comments, 10, true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2015-12-16 14:34