get_comment_pages_count

(2.7.0以降)
get_comment_pages_count - コメントページ数を取得する

説明

int get_comment_pages_count( [ array $comments = null [ , int $per_page = null [ , bool $threaded = null ] ] ] )
コメントページ数を取得する。

パラメータ

  • $comments
    コメント情報を配列で指定(省略時はnull)。
  • $per_page
    1ページのコメント数を指定(省略時はnull)。
  • $threaded
    スレッドスタイルの場合はtrueを指定(省略時はnull)。

返り値

コメントページ数を返す。コメント情報がない場合は0を返す。

注意

パラメータ$commentsが省略されている場合は、現在の投稿ページのコメント情報($wp_query->comments)が適用される。

「ディスカッション設定」の「他のコメント設定」-「1ページあたり...」がチェックされておらず(get_option( 'page_comments' )の値が1以外)、表示可能なコメントがある場合、1を返す。

パラメータ$per_pageが省略されている場合、クエリー'comments_per_page'の値、1ページあたりのコメント数(get_option( 'comments_per_page' )の値)の順に適用される。

使用例

  • 現在の投稿ページのコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count(); ?>
  • 取得済みのコメント情報からコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count( $comments ); ?>
  • 取得済みのコメント情報から、1ページのコメント数を10、スレッドスタイルとしてコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count( $comments, 10, true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

最終更新日時 : 2015-12-16 14:34