get_comment_pages_count

(2.7.0以降)
get_comment_pages_count - コメントページ数を取得する

説明

int get_comment_pages_count( [ array $comments = null [ , int $per_page = null [ , bool $threaded = null ] ] ] )
コメントページ数を取得する。

パラメータ

  • $comments
    コメント情報を配列で指定(省略時はnull)。
  • $per_page
    1ページのコメント数を指定(省略時はnull)。
  • $threaded
    スレッドスタイルの場合はtrueを指定(省略時はnull)。

返り値

コメントページ数を返す。コメント情報がない場合は0を返す。

注意

パラメータ$commentsが省略されている場合は、現在の投稿ページのコメント情報($wp_query->comments)が適用される。

「ディスカッション設定」の「他のコメント設定」-「1ページあたり...」がチェックされておらず(get_option( 'page_comments' )の値が1以外)、表示可能なコメントがある場合、1を返す。

パラメータ$per_pageが省略されている場合、クエリー'comments_per_page'の値、1ページあたりのコメント数(get_option( 'comments_per_page' )の値)の順に適用される。

使用例

  • 現在の投稿ページのコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count(); ?>
  • 取得済みのコメント情報からコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count( $comments ); ?>
  • 取得済みのコメント情報から、1ページのコメント数を10、スレッドスタイルとしてコメントページ数を取得する。
    <?php $cpage = get_comment_pages_count( $comments, 10, true ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2015-12-16 14:34