get_comments

(2.7.0以降)
get_comments - コメント情報を取得する

説明

array get_comments( [ mixed $args = '' ] )
コメント情報を取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する連想配列または文字列。文字列で複数のキーワードを指定する場合は'&'で連結する。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    author_emailコメント投稿者メールアドレス(省略時は'')
    IDコメントID(省略時は'')
    karmaカルマ(省略時は'')
    number取得したいコメント数(省略時は'')
    offsetコメントの取得位置(省略時は'')
    orderby並び順を示すフィールド名(複数指定する場合は,で区切る)
    order並び順を示すキーワードとして'DESC'(降順)か'ASC'(昇順)を指定(省略時は'DESC')
    parent親コメントID(省略時は'')
    post_ID投稿情報ID(省略時は'')
    post_id投稿情報ID(省略時は0)
    status'hold'、'approve'、'spam'、'trash'などのコメントステータス(省略時は'')
    type'comment'、'pings'、'pingback'などのコメント種別(省略時は'')
    user_idユーザID(省略時は'')
    count条件にマッチした件数を取得する場合はtrue、コメント情報そのものを取得する場合はfalse(省略時はfalse)
    searchコメント投稿者の名前、メールアドレス、URL、IPアドレスまたはコメント内容を部分一致するキーワード(省略時は'')
    post_authorコメント元投稿の投稿者名(省略時は'')
    post_nameコメント元投稿の投稿名(省略時は''、タイトルではない)
    post_parentコメント元投稿の親投稿ID(省略時は'')
    post_status'publish'、'private'などのコメント元投稿の投稿ステータス(省略時は'')
    post_type'post'、'attackment'などのコメント元投稿の投稿タイプ(省略時は'')
    meta_key検索・並び替えを行うコメントメタ情報のキー名(省略時は'')
    meta_value検索するコメントメタ情報の値(省略時は'')
    meta_queryコメントメタ情報の検索条件を配列で指定(省略時は'')
    date_query日時検索条件の配列を指定(省略時はnull)

返り値

条件にマッチしたコメントデータ(オブジェクト)が格納された配列を返す。コメントデータの内容は次の通り。
フィールド名意味
comment_IDコメントID
comment_post_IDコメントされた投稿情報のID
comment_authorコメント投稿者
comment_author_emailコメント投稿者のメールアドレス
comment_author_urlコメント投稿者のWebページURL
comment_author_IPコメント投稿時のIPアドレス
comment_dateコメント投稿日時
comment_date_gmtコメント投稿日時(GMT時間)
comment_contentコメント内容
comment_karmaカルマ
comment_approved承認状態
comment_agentユーザエージェント
comment_typeコメント種別
comment_parent親コメントのID
user_idコメント投稿者のユーザID(サイトアカウント保持者でログイン状態でコメント投稿した場合)

注意

post_idを省略した(または0を指定した)場合は、すべてのコメント情報が対象とし、author_emailやkarmaなどにより絞り込みを行う。statusを省略した場合は、'hold'または'approve'が対象となり、'spam'や'trash'は対象にならないので、注意が必要である。

使用例

  • IDが10の投稿ページのコメント情報を5件分取得する(文字列指定)。
    <?php $comments = get_comments( 'post_id=10&number=5' ); ?>
  • IDが10の投稿ページのコメント情報を5件分取得する(配列指定)。
    <?php $comments = get_comments( array( 'post_id' => 10, 'number' => 5 ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません(3.1以降はWP_Comment_Queryクラス参照)。

アクション

直接実行するアクションはありません(3.1以降はWP_Comment_Queryクラス参照)。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

最終更新日時 : 2014-03-08 11:34