get_comments_number_text

(4.0.0以降)
get_comments_number_text - コメント数を示す文字列を取得する

説明

string get_comments_number_text( [ mixed $zero = false [ , mixed $one = false [ , mixed $more = false ] ] ] )
コメント数を示す文字列を取得する。

パラメータ

  • $zero
    コメントがない場合のテキストを指定(省略時はfalse)。
  • $one
    コメント数が1件の場合のテキストを指定(省略時はfalse)。
  • $more
    コメント数が2件以上の場合のテキストを指定(省略時はfalse)。

返り値

コメント数を示す国際化対応済みの文字列を返す。

注意

パラメータ$zeroがfalseの場合は、'No Comments'の翻訳テキストが適用される。
パラメータ$oneがfalseの場合は、'1 Comment'の翻訳テキストが適用される。
パラメータ$moreには'%'を含めることができる。'%'はnumber_format_i18n関数によって書式化されたコメント数に置き換えられる。

フィルターバージョンが1.5.0になっているのは、コメント数を表示するcomments_number関数のフィルターを継承しているためである。

使用例

  • コメント数を示す文字列を取得する。
    <?php $output = get_comments_number_text(); ?>

フィルター

[1.5.0]コメント数を示す文字列を返す直前に'comments_number'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputはコメント数を示す文字列、$numberはコメント数となる。
return apply_filters( 'comments_number', $output, $number );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

  • comments_number - 投稿ページのコメント数を表示する
  • get_comments_number - 投稿ページのコメント数を取得する
  • number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする
  • _n - 数値フォーマットの翻訳テキストを取得する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

最終更新日時 : 2014-09-05 11:55