get_custom_logo

(4.5.0以降)
get_custom_logo - カスタムロゴのHTMLを取得する

説明

string get_custom_logo( [ int $blog_id = 0 ] )
カスタムロゴのHTMLを取得する。

パラメータ

  • $blog_id
    ブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

カスタムロゴのHTMLを返す。

注意

カスタムロゴのメディアIDはget_theme_mod(パラメータ'custom_logo')関数で取得でき、さらにwp_get_attachment_image関数で使ってカスタムロゴのimg要素を取得する。カスタムロゴが設定されている場合は次のようなHTMLとなる。

<a href="ホームURL" class="custom-logo-link" rel="home" itemprop="url">カスタムロゴimg要素</a>

マルチサイトに対応しており、現在のブログ以外の場合はそのブログIDをパラメータに指定する。

使用例

  • 現在のブログに設定されているカスタムロゴのHTMLを取得する。
    <?php $html = get_custom_logo(); ?>
  • プログIDが2のブログに設定されているカスタムロゴのHTMLを取得する。
    <?php $html = get_custom_logo( 2 ); ?>

フィルター

[4.5.0]カスタムロゴのHTMLを返す前に'get_custom_logo'フィルターを呼び出す。パラメータ$htmlはカスタムロゴのHTMLが格納される。
return apply_filters( 'get_custom_logo', $html );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:05