get_custom_logo

(4.5.0以降)
get_custom_logo - カスタムロゴのHTMLを取得する

説明

string get_custom_logo( [ int $blog_id = 0 ] )
カスタムロゴのHTMLを取得する。

パラメータ

  • $blog_id
    ブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

カスタムロゴのHTMLを返す。

注意

カスタムロゴのメディアIDはget_theme_mod(パラメータ'custom_logo')関数で取得でき、さらにwp_get_attachment_image関数で使ってカスタムロゴのimg要素を取得する。カスタムロゴが設定されている場合は次のようなHTMLとなる。

<a href="ホームURL" class="custom-logo-link" rel="home" itemprop="url">カスタムロゴimg要素</a>

マルチサイトに対応しており、現在のブログ以外の場合はそのブログIDをパラメータに指定する。

使用例

  • 現在のブログに設定されているカスタムロゴのHTMLを取得する。
    <?php $html = get_custom_logo(); ?>
  • プログIDが2のブログに設定されているカスタムロゴのHTMLを取得する。
    <?php $html = get_custom_logo( 2 ); ?>

フィルター

[4.5.0]カスタムロゴのHTMLを返す前に'get_custom_logo'フィルターを呼び出す。パラメータ$htmlはカスタムロゴのHTMLが格納される。
return apply_filters( 'get_custom_logo', $html );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:05