get_custom_logo

(4.5.0以降)
get_custom_logo - カスタムロゴのHTMLを取得する

説明

string get_custom_logo( [ int $blog_id = 0 ] )
カスタムロゴのHTMLを取得する。

パラメータ

  • $blog_id
    ブログIDを指定(省略時は0)。

返り値

カスタムロゴのHTMLを返す。

注意

カスタムロゴのメディアIDはget_theme_mod(パラメータ'custom_logo')関数で取得でき、さらにwp_get_attachment_image関数で使ってカスタムロゴのimg要素を取得する。カスタムロゴが設定されている場合は次のようなHTMLとなる。

<a href="ホームURL" class="custom-logo-link" rel="home" itemprop="url">カスタムロゴimg要素</a>

マルチサイトに対応しており、現在のブログ以外の場合はそのブログIDをパラメータに指定する。

使用例

  • 現在のブログに設定されているカスタムロゴのHTMLを取得する。
    <?php $html = get_custom_logo(); ?>
  • プログIDが2のブログに設定されているカスタムロゴのHTMLを取得する。
    <?php $html = get_custom_logo( 2 ); ?>

フィルター

[4.5.0]カスタムロゴのHTMLを返す前に'get_custom_logo'フィルターを呼び出す。パラメータ$htmlはカスタムロゴのHTMLが格納される。
return apply_filters( 'get_custom_logo', $html );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:05