get_day_link

(1.0.0以降)
get_day_link - 日アーカイブのURLを取得する

説明

string get_day_link( mixed $year, mixed $month, mixed $day )
日アーカイブのURLを取得する。

パラメータ

  • $year
    年を数値で指定(falseを指定する場合は現在の年となる)。
  • $month
    月を数値で指定(falseを指定する場合は現在の月となる)。
  • $day
    日を数値で指定(falseを指定する場合は今日の日付となる)。

返り値

日アーカイブのURLを返す。

注意

通常、日アーカイブのURLパターンは、"/%year%/%monthnum%/%day%"となる。

使用例

  • 今日のリンクを取得する。
    <?php $url = get_day_link( false, false, false ); ?>
  • 2011年12月24日のリンクを取得する。
    <?php $url = get_day_link( 2011, 12, 24 ); ?>

フィルター

URLを返す直前にday_linkフィルターを実行する。$urlにはリンク先URLとなり、$yearは対象の年の値が、$monthには対象の月の値が、$dayには対象の日の値が格納される。
return apply_filters('day_link', $url, $year, $month, $day);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • get_month_link - 月アーカイブのURLを取得する
  • get_year_link - 年アーカイブのURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する
  • zeroise - 数値の桁数を揃える

お勧めコンテンツ

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

最終更新日時 : 2012-02-02 14:21