get_default_comment_status

(4.3.0以降)
get_default_comment_status - 投稿タイプのコメントステータスを取得する

説明

string get_default_comment_status( [ string $post_type = 'post' [ , string $comment_type = 'comment' ] ] )
投稿タイプのコメントステータスを取得する。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ('post'、'page'、カスタム投稿タイプ名)を指定(省略時は'post')。
  • $comment_type
    コメントタイプ('comment'、'pingback'、'trackback')を指定(省略時は'comment')。

返り値

投稿タイプのコメントステータスを返す。

注意

[4.3.0]新しく作るすべての固定ページで、コメントが無効化されるようになりましたが、今後も固定ページでコメントを有効したい場合はget_default_comment_statusフィルターで対応できる。

使用例

  • 固定ページのコメントステータスを取得する。
    <?php $status = get_default_comment_status( 'page' ); ?>

フィルター

[4.3.0]コメントステータスを返す直前でget_default_comment_statusフィルターを呼び出す。パラメータ$statusはコメントステータスを示す'open'または'closed'が、その他は本関数が受け取った値が格納される。
return apply_filters( 'get_default_comment_status' , $status, $post_type, $comment_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2015-08-20 16:20