get_edit_post_link

(2.3.0以降)
get_edit_post_link - 投稿記事の編集用リンクを取得する

説明

string get_edit_post_link( [ int $id = 0 [ , string $context = 'display' ] ] )
投稿記事の編集用リンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿記事のID(省略時は0で、現在の投稿記事が対象となる)。
  • $context
    コンテキストタイプ(省略時は'display')。

返り値

ユーザが管理ページにログイン済みで編集権限がある場合は投稿記事の編集用リンクの文字列を返す。未ログイン時や編集権限がない場合は何も返さない。

注意

パラメータ$contextが'display'の場合、編集用リンクのパラメータ文字列'&'は'&'となる('display'以外の場合は'&'のまま)。

使用例

  • 現在の投稿記事の編集用リンクを取得する。
    <?php $edit_link = get_edit_post_link( ); ?>
  • 投稿記事のIDが10の投稿記事の編集用リンクを取得する。
    <?php $edit_link = get_edit_post_link( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2013-01-30 17:40