get_edit_post_link

(2.3.0以降)
get_edit_post_link - 投稿記事の編集用リンクを取得する

説明

string get_edit_post_link( [ int $id = 0 [ , string $context = 'display' ] ] )
投稿記事の編集用リンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿記事のID(省略時は0で、現在の投稿記事が対象となる)。
  • $context
    コンテキストタイプ(省略時は'display')。

返り値

ユーザが管理ページにログイン済みで編集権限がある場合は投稿記事の編集用リンクの文字列を返す。未ログイン時や編集権限がない場合は何も返さない。

注意

パラメータ$contextが'display'の場合、編集用リンクのパラメータ文字列'&'は'&'となる('display'以外の場合は'&'のまま)。

使用例

  • 現在の投稿記事の編集用リンクを取得する。
    <?php $edit_link = get_edit_post_link( ); ?>
  • 投稿記事のIDが10の投稿記事の編集用リンクを取得する。
    <?php $edit_link = get_edit_post_link( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2013-01-30 17:40