get_edit_post_link

(2.3.0以降)
get_edit_post_link - 投稿記事の編集用リンクを取得する

説明

string get_edit_post_link( [ int $id = 0 [ , string $context = 'display' ] ] )
投稿記事の編集用リンクを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿記事のID(省略時は0で、現在の投稿記事が対象となる)。
  • $context
    コンテキストタイプ(省略時は'display')。

返り値

ユーザが管理ページにログイン済みで編集権限がある場合は投稿記事の編集用リンクの文字列を返す。未ログイン時や編集権限がない場合は何も返さない。

注意

パラメータ$contextが'display'の場合、編集用リンクのパラメータ文字列'&'は'&'となる('display'以外の場合は'&'のまま)。

使用例

  • 現在の投稿記事の編集用リンクを取得する。
    <?php $edit_link = get_edit_post_link( ); ?>
  • 投稿記事のIDが10の投稿記事の編集用リンクを取得する。
    <?php $edit_link = get_edit_post_link( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

最終更新日時 : 2013-01-30 17:40