get_edit_term_link

(3.1.0以降)
get_edit_term_link - タームの編集ページURLを取得する

説明

string get_edit_term_link( int $term_id [ , string $taxonomy = '' [ , string $object_type = '' ] ] )
タームの編集ページURLを取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名('category'や'post_tag'など)を指定([4.5.0]省略時は'')。
  • $object_type
    投稿タイプ名を指定(省略時は'')。

返り値

タームの編集ページURLを返す。なお、現在ログイン中のユーザがタームの編集権限を持っていない場合は何も返さない。

注意

タームの編集は複数の投稿タイプに存在する場合があるので、必要に応じてパラメータ$object_typeで投稿タイプ名を指定する。

[4.5.0]パラメータ$taxonomyは省略可能になった(参考get_term関数)。

使用例

  • カテゴリーIDが10のカテゴリーの編集用URLを取得する。
    <?php $url = get_edit_term_link( 10, 'category' ); ?>

フィルター

[3.1.0]URLを返す直前に'get_edit_term_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$locationには関数内で作成したURLが、それ以降のパラメータは本関数が受け取った値が格納されている。
return apply_filters( 'get_edit_term_link', $location, $term_id, $taxonomy, $object_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • current_user_can - 現在のユーザーの権限を調べる
  • edit_term_link - タームの編集リンクを表示する
  • get_taxonomy - タクソノミー情報を取得する
  • get_term - IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する

お勧めコンテンツ

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2016-05-22 22:38