get_edit_term_link

(3.1.0以降)
get_edit_term_link - タームの編集ページURLを取得する

説明

string get_edit_term_link( int $term_id [ , string $taxonomy = '' [ , string $object_type = '' ] ] )
タームの編集ページURLを取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名('category'や'post_tag'など)を指定([4.5.0]省略時は'')。
  • $object_type
    投稿タイプ名を指定(省略時は'')。

返り値

タームの編集ページURLを返す。なお、現在ログイン中のユーザがタームの編集権限を持っていない場合は何も返さない。

注意

タームの編集は複数の投稿タイプに存在する場合があるので、必要に応じてパラメータ$object_typeで投稿タイプ名を指定する。

[4.5.0]パラメータ$taxonomyは省略可能になった(参考get_term関数)。

使用例

  • カテゴリーIDが10のカテゴリーの編集用URLを取得する。
    <?php $url = get_edit_term_link( 10, 'category' ); ?>

フィルター

[3.1.0]URLを返す直前に'get_edit_term_link'フィルターを呼び出す。パラメータ$locationには関数内で作成したURLが、それ以降のパラメータは本関数が受け取った値が格納されている。
return apply_filters( 'get_edit_term_link', $location, $term_id, $taxonomy, $object_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • admin_url - 管理者ページのURLを取得する
  • current_user_can - 現在のユーザーの権限を調べる
  • edit_term_link - タームの編集リンクを表示する
  • get_taxonomy - タクソノミー情報を取得する
  • get_term - IDを指定してカテゴリー・タグ情報を取得する

お勧めコンテンツ

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2016-05-22 22:38