get_editor_stylesheets

(4.0.0以降)
get_editor_stylesheets - エディタ向けのスタイルシートURLを取得する

説明

array get_editor_stylesheets( )
エディタ向けのスタイルシートURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

エディタ向けのスタイルシートURLが格納された配列を返す。スタイルシートが登録されていない場合は空の配列となる。

注意

標準のテーマでは、'after_setup_theme'アクションでadd_editor_style関数を使ってスタイルシートを追加しているため、それ以前のタイミングでこの関数を使っても空の配列しか取得できない。また、管理画面以外の呼び出した場合も空の配列になる。

使用例

  • エディタ向けのスタイルシートURLを取得する。
    <?php $uris = get_editor_stylesheets(); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

最終更新日時 : 2014-09-05 09:25