get_feed_link

(1.5.0以降)
get_feed_link - フィードのURLを取得する

説明

string get_feed_link( [ , string $feed = '' ] )
フィードのURLを取得する。

パラメータ

  • $feed
    フィードタイプを指定(省略時は'')。

返り値

フィードのURLを返す。

注意

パラメータ$feedを省略した場合、通常はrss2になる。

使用例

  • フィードのリンクを取得する。
    <?php $url = get_feed_link(); ?>
  • atomフィードのリンクを取得する。
    <?php $url = get_feed_link( 'atom' ); ?>

フィルター

フィードのリンクを返す直前にfeed_linkフィルターを実行する。$outputにはリンク先URLとなり、$feedにはフィードタイプが格納される。
return apply_filters( 'feed_link', $output, $feed );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2012-02-07 01:16