get_file_data

説明

array get_file_data( string $file, array $default_headers [ , string $context = '' ] )
WordPress規定のヘッダー情報を取得する。

パラメータ

  • $file
    style.cssファイルなどのフルパス名を指定。
  • $default_headers
    デフォルトのヘッダー情報名の連想配列を指定。
  • $context
    'theme'などのファイル種別を指定(省略時は'')。

返り値

ヘッダー情報の連想配列を返す。

注意

対象のファイルがヘッダー情報のキーワードを含んでいなかった場合は、その項目は''となる。
パラメータ$default_headersに指定する連想配列は、テーマファイルの場合は次の通り。なおテーマのヘッダー情報を取得する方法としては wp_get_theme関数を利用する方法もある(バージョン3.4以降)。

$default_headers = array(
	'Name'        => 'Theme Name',
	'ThemeURI'    => 'Theme URI',
	'Description' => 'Description',
	'Author'      => 'Author',
	'AuthorURI'   => 'Author URI',
	'Version'     => 'Version',
	'Template'    => 'Template',
	'Status'      => 'Status',
	'Tags'        => 'Tags',
	'TextDomain'  => 'Text Domain',
	'DomainPath'  => 'Domain Path',
);

※WP_Theme::$file_headers参照(WP_Themeのプライベート定数)。

またプラグインのヘッダー情報を取得する方法しては管理画面内であればget_plugin_data関数が利用できる。その際に注意しなければならないのは、プラグインが読み込まれるタイミングではこの関数を定義している/wp-admin/includes/plugin.phpが読み込まれていないこと。プラグインが読み込まれた直後の場合は、get_plugin_data関数で使用されている$default_headersの内容を参考にしてこのget_file_data関数を使用する。

$default_headers = array(
	'Name'        => 'Plugin Name',
	'PluginURI'   => 'Plugin URI',
	'Version'     => 'Version',
	'Description' => 'Description',
	'Author'      => 'Author',
	'AuthorURI'   => 'Author URI',
	'TextDomain'  => 'Text Domain',
	'DomainPath'  => 'Domain Path',
	'Network'     => 'Network',
	// Site Wide Only is deprecated in favor of Network.
	'_sitewide'   => 'Site Wide Only',
);

使用例

  • 現在のテーマのstyle.cssのヘッダー情報の一部を取得する。
    <?php $headers = get_file_data( STYLESHEETPATH.'/style.css', array( 'Name' => 'Theme Name', 'Description' => 'Description' ), 'theme' ); ?>

フィルター

パラメータ$contextが指定されている場合、それに応じたフィルターを実行し、拡張ヘッダー情報名を取得する。
$extra_headers = apply_filters( "extra_{$context}_headers", array() )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2017年09月07日 15:34



お勧め

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年4月17日 更新)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 更新)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年10月16日 更新)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2017年12月17日 更新)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 更新)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。