get_file_data

(2.9.0以降)
get_file_data - WordPress規定のヘッダー情報を取得する

説明

array get_file_data( string $file, array $default_headers [ , string $context = '' ] )
WordPress規定のヘッダー情報を取得する。

パラメータ

  • $file
    style.cssファイルなどのフルパス名を指定。
  • $default_headers
    デフォルトのヘッダー情報名の連想配列を指定。
  • $context
    'theme'などのファイル種別を指定(省略時は'')。

返り値

ヘッダー情報の連想配列を返す。

注意

対象のファイルがヘッダー情報のキーワードを含んでいなかった場合は、その項目は''となる。
パラメータ$default_headersに指定する連想配列は、テーマファイルの場合は次の通り。なおテーマのヘッダー情報を取得する方法としてはwp_get_theme関数を利用する方法もある(バージョン3.4以降)。

$default_headers = array(
	'Name'        => 'Theme Name',
	'ThemeURI'    => 'Theme URI',
	'Description' => 'Description',
	'Author'      => 'Author',
	'AuthorURI'   => 'Author URI',
	'Version'     => 'Version',
	'Template'    => 'Template',
	'Status'      => 'Status',
	'Tags'        => 'Tags',
	'TextDomain'  => 'Text Domain',
	'DomainPath'  => 'Domain Path',
);

※WP_Theme::$file_headers参照(WP_Themeのプライベート定数)。

またプラグインのヘッダー情報を取得する方法しては管理画面内であればget_plugin_data関数が利用できる。その際に注意しなければならないのは、プラグインが読み込まれるタイミングではこの関数を定義している/wp-admin/includes/plugin.phpが読み込まれていないこと。プラグインが読み込まれた直後の場合は、get_plugin_data関数で使用されている$default_headersの内容を参考にしてこのget_file_data関数を使用する。

$default_headers = array(
	'Name'        => 'Plugin Name',
	'PluginURI'   => 'Plugin URI',
	'Version'     => 'Version',
	'Description' => 'Description',
	'Author'      => 'Author',
	'AuthorURI'   => 'Author URI',
	'TextDomain'  => 'Text Domain',
	'DomainPath'  => 'Domain Path',
	'Network'     => 'Network',
	// Site Wide Only is deprecated in favor of Network.
	'_sitewide'   => 'Site Wide Only',
);

使用例

  • 現在のテーマのstyle.cssのヘッダー情報の一部を取得する。
    <?php $headers = get_file_data( STYLESHEETPATH.'/style.css', array( 'Name' => 'Theme Name', 'Description' => 'Description' ), 'theme' ); ?>

フィルター

パラメータ$contextが指定されている場合、それに応じたフィルターを実行し、拡張ヘッダー情報名を取得する。
$extra_headers = apply_filters( "extra_{$context}_headers", array() )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

最終更新日時 : 2017-09-07 15:34