get_file_data

(2.9.0以降)
get_file_data - WordPress規定のヘッダー情報を取得する

説明

array get_file_data( string $file, array $default_headers [ , string $context = '' ] )
WordPress規定のヘッダー情報を取得する。

パラメータ

  • $file
    style.cssファイルなどのフルパス名を指定。
  • $default_headers
    デフォルトのヘッダー情報名の連想配列を指定。
  • $context
    'theme'などのファイル種別を指定(省略時は'')。

返り値

ヘッダー情報の連想配列を返す。

注意

対象のファイルがヘッダー情報のキーワードを含んでいなかった場合は、その項目は''となる。

パラメータ$default_headersに指定する連想配列は、テーマファイルの場合は次の通り。
array(	'Name'        => 'Theme Name',
	'ThemeURI'    => 'Theme URI',
	'Description' => 'Description',
	'Author'      => 'Author',
	'AuthorURI'   => 'Author URI',
	'Version'     => 'Version',
	'Template'    => 'Template',
	'Status'      => 'Status',
	'Tags'        => 'Tags',
	'TextDomain'  => 'Text Domain',
	'DomainPath'  => 'Domain Path',
);
※WP_Theme::$file_headers参照(WP_Themeのプライベート定数)。

使用例

  • 現在のテーマのstyle.cssのヘッダー情報の一部を取得する。
    <?php $headers = get_file_data( STYLESHEETPATH.'/style.css', array( 'Name' => 'Theme Name', 'Description' => 'Description' ), 'theme' ); ?>

フィルター

パラメータ$contextが指定されている場合、それに応じたフィルターを実行し、拡張ヘッダー情報名を取得する。
$extra_headers = apply_filters( "extra_{$context}_headers", array() )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2012-07-29 14:32