get_footer

(1.5.0以降)
get_footer - テーマ内のfooter.phpを読み込む

説明

void get_footer( [ string $name = null ] )
フッターパーツを記述したメインフッターファイルfooter.php(またはサブフッターファイルfooter-???.php)を読み込む。

パラメータ

  • $name
    サブフッターファイルの識別名。省略時はメインフッターファイルを読み込む。

返り値

戻り値はありません。

注意

パラメータ$nameが指定された場合でも、対応するサブフッターファイルが存在しない場合は、footer.phpを読み込む。

使用例

  • footer.phpを読み込む。
    <?php get_footer(); ?>
  • footer-index.phpを読み込む。
    <?php get_footer('index'); ?>

関連

  • get_header - テーマ内のheader.phpを読み込む
  • get_sidebar - テーマ内のsidebar.phpを読み込む

お勧めコンテンツ

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2009-12-17 11:42