get_footer

(1.5.0以降)
get_footer - テーマ内のfooter.phpを読み込む

説明

void get_footer( [ string $name = null ] )
フッターパーツを記述したメインフッターファイルfooter.php(またはサブフッターファイルfooter-???.php)を読み込む。

パラメータ

  • $name
    サブフッターファイルの識別名。省略時はメインフッターファイルを読み込む。

返り値

戻り値はありません。

注意

パラメータ$nameが指定された場合でも、対応するサブフッターファイルが存在しない場合は、footer.phpを読み込む。

使用例

  • footer.phpを読み込む。
    <?php get_footer(); ?>
  • footer-index.phpを読み込む。
    <?php get_footer('index'); ?>

関連

  • get_header - テーマ内のheader.phpを読み込む
  • get_sidebar - テーマ内のsidebar.phpを読み込む

お勧めコンテンツ

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2009-12-17 11:42