get_header_image_tag

(4.4.0以降)
get_header_image_tag - カスタムヘッダーのimg要素を取得する

説明

string get_header_image_tag( array $attr = array() )
カスタムヘッダーのimg要素を取得する。

パラメータ

  • $attr
    img要素に指定する属性を格納した連想配列を指定(省略時はarray())。

返り値

カスタムヘッダーの画像を表示するためのimg要素の文字列を返す。

注意

パラメータ$attrは、標準で以下の内容が設定される(未指定の場合)。

キーデータ内容
'src'画像ファイルのURL
'width'
'height'高さ
'alt'ブログ名

また'srcset'属性が未指定で画像がアップロードされている場合は'srcset'および'sizes'の属性が追加される。

各属性の内容はこの関数内でesc_attr関数にてエスケープ処理されるので、パラメータ$attrに指定する際にエスケープ処理する必要はない。

使用例

  • カスタムヘッダーのimg要素を取得する。
    <?php $header_tag = get_header_image_tag(); ?>
  • alt属性を指定してカスタムヘッダーのimg要素を取得する。
    <?php $header_tag = get_header_image_tag( array( 'alt'=>'今日のフォト' ) ); ?>

フィルター

[4.4.0]img要素の文字列を返す前に'get_header_image_tag'フィルターを呼び出す。パラメータ$htmlにはimg要素の文字列が、$headerにはカスタムヘッダー情報が、$attrには本関数が受け取った内容を更新したものが格納されている。
return apply_filters( 'get_header_image_tag', $html, $header, $attr );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

最終更新日時 : 2017-04-06 17:46