get_home_url

(3.0.0以降)
get_home_url - 任意のブログのホームURLを取得する

説明

string get_home_url( [ int $blog_id = null [ , string $path = '' [ , string $scheme = null ] ] ] )
任意のブログ(サイト)のホームURLを取得する。ホームURLは、管理者ページの「設定」-「一般」の「サイトのアドレス(URL)」のこと。

パラメータ

  • $blog_id
    ホームURLを取得するブログIDを指定(省略時はnullで現在のブログとなる)。
  • $path
    ホームURLに追加するパス名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマ名として'http'または'https'を指定(省略時はnullで自動判別)。

返り値

任意のブログのホームURL(スキーマ名を含むフルパス名)を返す。

注意

特にありません。

使用例

  • 現在のブログのホームURLを取得する。
    <?php $home = get_home_url( null, '/' ); ?>
  • ブログIDが2のホームURLを取得する。
    <?php $blog_home = get_home_url( 2, '/' ); ?>

フィルター

[3.0.0]ホームURLを返す直前で'home_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$urlには本関数で生成したホームURL、$pathには本関数が受け取った同名変数の内容、$orig_schemeには本館数が受け取った$schemeの内容、 $blog_idには本関数が受け取った同名変数の内容が格納される。
apply_filters( 'home_url', $url, $path, $orig_scheme, $blog_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • get_site_url - 任意のブログのサイトURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2017-02-25 18:33