get_home_url

(3.0.0以降)
get_home_url - 任意のブログのホームURLを取得する

説明

string get_home_url( [ int $blog_id = null [ , string $path = '' [ , string $scheme = null ] ] ] )
任意のブログ(サイト)のホームURLを取得する。ホームURLは、管理者ページの「設定」-「一般」の「サイトのアドレス(URL)」のこと。

パラメータ

  • $blog_id
    ホームURLを取得するブログIDを指定(省略時はnullで現在のブログとなる)。
  • $path
    ホームURLに追加するパス名を指定(省略時は'')。
  • $scheme
    スキーマ名として'http'または'https'を指定(省略時はnullで自動判別)。

返り値

任意のブログのホームURL(スキーマ名を含むフルパス名)を返す。

注意

特にありません。

使用例

  • 現在のブログのホームURLを取得する。
    <?php $home = get_home_url( null, '/' ); ?>
  • ブログIDが2のホームURLを取得する。
    <?php $blog_home = get_home_url( 2, '/' ); ?>

フィルター

[3.0.0]ホームURLを返す直前で'home_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$urlには本関数で生成したホームURL、$pathには本関数が受け取った同名変数の内容、$orig_schemeには本館数が受け取った$schemeの内容、 $blog_idには本関数が受け取った同名変数の内容が格納される。
apply_filters( 'home_url', $url, $path, $orig_scheme, $blog_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • get_site_url - 任意のブログのサイトURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

最終更新日時 : 2017-02-25 18:33