get_http_origin

説明

string get_http_origin()
リクエスト元のオリジンを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

オリジン($_SERVER[ 'HTTP_ORIGIN' ])を返す。$_SERVER[ 'HTTP_ORIGIN' ]が未設定の場合は''を返す。

注意

$_SERVER[ 'HTTP_ORIGIN' ]はAJAXリクエスト時に設定されるもので、通常のページリクエストでは設定されない(たぶん)。何らかの理由により$_SERVER[ 'HTTP_ORIGIN' ]が設定されていない場合については、フィルターで対応する感じだと思われる。

使用例

  • リクエスト元のオリジンを取得する。
    <?php $origin = get_http_origin(); ?>

フィルター

[3.4.0]オリジンを返す前に'http_origin'フィルターを呼び出す。$originにはオリジンが格納される。
return apply_filters( 'http_origin', $origin );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:46



お勧め

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 更新)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭で query_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 更新)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

5.5の機能強化:コメントフォームのちょっとした改良(2020年8月12日 更新)

来月にリリースされるWordPress 5.5に向けてBeta 1、2、3と公開が続いている。「WordPress 5.5 Beta 3(以降Beta 3)」のソースコードを見ていくと、コメントフォームを表示する comment_form関数が機能拡張されていた。

連番のユーザーIDを回避できないか考えた(2019年6月4日 更新)

WordPressのユーザーIDは最初の管理者が1、次に追加したユーザーが2といった感じの連番になる。連番のIDはサイトによっては好ましくないケースがあり、連番を回避する方法がないか検討した。

5.5の機能強化:set_404メソッドの新アクション(2020年8月12日 更新)

WordPress 5.5 RC 2(以降RC 2)」が公開され、今日・明日には正式版がリリースされる。そんなWordPress 5.5 RC 2のソースコードを眺めていると、WP_Queryクラスのset_404メソッドにアクションが追加されていた。