get_language_attributes

(4.3.0以降)
get_language_attributes - HTMLタグの属性を取得する

説明

string get_language_attributes( string $doctype = 'html' )
HTMLタグの属性を取得する。

パラメータ

  • $doctype
    HTMLタグのドキュメントタイプを指定(省略時は'html')。

返り値

HTMLタグの属性を返す。

注意

元々language_attributes関数の中身だったが、4.3.0で分離され本関数となった。

使用例

  • HTMLタグの属性を取得する
    <?php $attr = get_language_attributes( 'html' ); ?>

フィルター

[2.5.0]属性を返す直前にlanguage_attributesフィルターを呼び出す。パラメータ$outputには属性の内容が格納される。[4.3.0]$doctypeには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'language_attributes', $output, $doctype );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2015-08-26 12:27