get_language_attributes

(4.3.0以降)
get_language_attributes - HTMLタグの属性を取得する

説明

string get_language_attributes( string $doctype = 'html' )
HTMLタグの属性を取得する。

パラメータ

  • $doctype
    HTMLタグのドキュメントタイプを指定(省略時は'html')。

返り値

HTMLタグの属性を返す。

注意

元々language_attributes関数の中身だったが、4.3.0で分離され本関数となった。

使用例

  • HTMLタグの属性を取得する
    <?php $attr = get_language_attributes( 'html' ); ?>

フィルター

[2.5.0]属性を返す直前にlanguage_attributesフィルターを呼び出す。パラメータ$outputには属性の内容が格納される。[4.3.0]$doctypeには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'language_attributes', $output, $doctype );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

最終更新日時 : 2015-08-26 12:27