get_lastpostmodified

説明

string get_lastpostmodified( [ string $timezone = 'server' [ , string $post_type = 'any' ] ] )
投稿記事の最終更新日時を取得する。

パラメータ

  • $timezone
    タイムゾーンとして'gmt'、'blog'、'server'の何れかを指定(省略時は'server')。
  • $post_type
    [4.4.0]投稿タイプを指定(省略時は'any')。

返り値

投稿記事の最終更新日時を文字列で返す。

注意

パラメータ$timezoneが'gmt'の場合は最終投稿記事のpost_modified_gmtの値が、'blog'の場合は最終投稿記事のpost_modifiedの値となる。'server'の場合は最終投稿記事のpost_modified_gmtの値をサーバーのタイムゾーンで調整した値となる。

パラメータ$post_typeが'any'の場合、投稿タイプ情報のプロパティpublicがtrueのものがすべて対象となる。具体的には、標準では投稿('post')、固定ページ('page')、メディア('attachment')となり、有効なカスタム投稿タイプがある場合はそれも含まれる。


使用例

  • 投稿記事の最終更新日時を取得する。
    <?php $lastmodified = get_lastpostmodified( 'blog' ); ?>
  • 投稿タイプが「投稿」の最終更新日時を取得する。
    <?php $lastmodified = get_lastpostmodified( 'server', 'post' ); ?>

フィルター

[4.4.0]本関数の冒頭で'pre_get_lastpostmodified'フィルターを呼び出す。パラメータ$lastpostmodifiedにはfalseが、$timezoneおよび$post_typeには本関数が受け取った内容が格納されている。
$lastpostmodified = apply_filters( 'pre_get_lastpostmodified', $lastpostmodified, $timezone, $post_type );
[2.3.0]値を返す直前で'get_lastpostmodified'フィルターを呼び出す。パラメータ$lastpostmodifiedには最終更新日時を示す文字列が、$timezoneには本関数が受け取った内容が格納されている。[5.5.0]パラメータ$post_typeが追加され、本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'get_lastpostmodified', $lastpostmodified, $timezone, $post_type );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

最終更新 : 2020年08月28日 12:37



お勧め

ダッシュボードの「クイックドラフト」を「CodeMirror」に変更してみた(2019年11月5日 更新)

管理ページの「テーマエディター」では4.9以降「CodeMirror」が利用されている。今回はこの「CodeMirror」をプラグインで活用できないか調べた話である。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2018年5月27日 更新)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2015年5月22日 更新)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

5.5の機能強化:テーマ変更時に要求バージョンを確認(2020年8月12日 更新)

WordPress 5.5 RC 2が公開され、来週には正式版がリリース。変更箇所が多い「WordPress 5.5 RC 2(以降RC 2)」のソースコードを眺めていると、テーマの切り替え前にWordPressとPHPのバージョンを確認するようになっていた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 更新)

投稿内容を表示する the_content関数では、 wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。