get_lastpostmodified

説明

string get_lastpostmodified( [ string $timezone = 'server' [ , string $post_type = 'any' ] ] )
投稿記事の最終更新日時を取得する。

パラメータ

  • $timezone
    タイムゾーンとして'gmt'、'blog'、'server'の何れかを指定(省略時は'server')。
  • $post_type
    [4.4.0]投稿タイプを指定(省略時は'any')。

返り値

投稿記事の最終更新日時を文字列で返す。

注意

パラメータ$timezoneが'gmt'の場合は最終投稿記事のpost_modified_gmtの値が、'blog'の場合は最終投稿記事のpost_modifiedの値となる。'server'の場合は最終投稿記事のpost_modified_gmtの値をサーバーのタイムゾーンで調整した値となる。
  • 投稿タイプが「投稿」の最終更新日時を取得する。
    <?php $lastmodified = get_lastpostmodified( 'server', 'post' ); ?>

  • 使用例

    • 投稿記事の最終更新日時を取得する。
      <?php $lastmodified = get_lastpostmodified( 'blog' ); ?>

    フィルター

    [4.4.0]本関数の冒頭で'pre_get_lastpostmodified'フィルターを呼び出す。パラメータ$lastpostmodifiedにはfalseが、$timezoneおよび$post_typeには本関数が受け取った内容が格納されている。
    $lastpostmodified = apply_filters( 'pre_get_lastpostmodified', $lastpostmodified, $timezone, $post_type );
    [2.3.0]値を返す直前で'get_lastpostmodified'フィルターを呼び出す。パラメータ$lastpostmodifiedには最終更新日時を示す文字列が、$timezoneには本関数が受け取った内容が格納されている。
    return apply_filters( 'get_lastpostmodified', $lastpostmodified, $timezone );

    アクション

    実行するアクションはありません。

    ソースファイル

    /wp-includes/post.php

    最終更新 : 2018年06月04日 09:43



    お勧め

    初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 更新)

    投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

    LevelとCapability(2018年5月27日 更新)

    プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

    管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 更新)

    クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

    購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 更新)

    購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

    WordPressのコーディングスタンダードとPSR-2がかみ合わない(2018年5月27日 更新)

    先日パソコンのストレージを換装して開発環境を再構築。エディタのEclipseは「Neon(4.6)」から「Oxygen(4.7)」へ切り替わった。コードを書き始めるとそこはかとなく違和感があり、調べていくとPHPの「Code Style(Formatter)」が「PSR-2」に設定されていることが原因だった。