get_lastpostmodified

(1.2.0以降)
get_lastpostmodified - 投稿記事の最終更新日時を取得する

説明

string get_lastpostmodified( [ string $timezone = 'server' [ , string $post_type = 'any' ] ] )
投稿記事の最終更新日時を取得する。

パラメータ

  • $timezone
    タイムゾーンとして'gmt'、'blog'、'server'の何れかを指定(省略時は'server')。
  • $post_type
    [4.4.0]投稿タイプを指定(省略時は'any')。

返り値

投稿記事の最終更新日時を文字列で返す。

注意

パラメータ$timezoneが'gmt'の場合は最終投稿記事のpost_modified_gmtの値が、'blog'の場合は最終投稿記事のpost_modifiedの値となる。'server'の場合は最終投稿記事のpost_modified_gmtの値をサーバーのタイムゾーンで調整した値となる。

使用例

  • 投稿記事の最終更新日時を取得する。
    <?php $lastmodified = get_lastpostmodified( 'blog' ); ?>

フィルター

[4.4.0]本関数の冒頭で'pre_get_lastpostmodified'フィルターを呼び出す。パラメータ$lastpostmodifiedにはfalseが、$timezoneおよび$post_typeには本関数が受け取った内容が格納されている。
$lastpostmodified = apply_filters( 'pre_get_lastpostmodified', $lastpostmodified, $timezone, $post_type );
[2.3.0]値を返す直前で'get_lastpostmodified'フィルターを呼び出す。パラメータ$lastpostmodifiedには最終更新日時を示す文字列が、$timezoneには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'get_lastpostmodified', $lastpostmodified, $timezone );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

最終更新日時 : 2017-03-20 22:40