get_lastpostmodified

(1.2.0以降)
get_lastpostmodified - 投稿記事の最終更新日時を取得する

説明

string get_lastpostmodified( [ string $timezone = 'server' [ , string $post_type = 'any' ] ] )
投稿記事の最終更新日時を取得する。

パラメータ

  • $timezone
    タイムゾーンとして'gmt'、'blog'、'server'の何れかを指定(省略時は'server')。
  • $post_type
    [4.4.0]投稿タイプを指定(省略時は'any')。

返り値

投稿記事の最終更新日時を文字列で返す。

注意

パラメータ$timezoneが'gmt'の場合は最終投稿記事のpost_modified_gmtの値が、'blog'の場合は最終投稿記事のpost_modifiedの値となる。'server'の場合は最終投稿記事のpost_modified_gmtの値をサーバーのタイムゾーンで調整した値となる。

使用例

  • 投稿記事の最終更新日時を取得する。
    <?php $lastmodified = get_lastpostmodified( 'blog' ); ?>

フィルター

[4.4.0]本関数の冒頭で'pre_get_lastpostmodified'フィルターを呼び出す。パラメータ$lastpostmodifiedにはfalseが、$timezoneおよび$post_typeには本関数が受け取った内容が格納されている。
$lastpostmodified = apply_filters( 'pre_get_lastpostmodified', $lastpostmodified, $timezone, $post_type );
[2.3.0]値を返す直前で'get_lastpostmodified'フィルターを呼び出す。パラメータ$lastpostmodifiedには最終更新日時を示す文字列が、$timezoneには本関数が受け取った内容が格納されている。
return apply_filters( 'get_lastpostmodified', $lastpostmodified, $timezone );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2017-03-20 22:40