get_month_link

(1.0.0以降)
get_month_link - 月アーカイブのURLを取得する

説明

string get_month_link( mixed $year, mixed $month )
月アーカイブのURLを取得する。

パラメータ

  • $year
    年を数値で指定(falseを指定する場合は現在の年となる)。
  • $month
    月を数値で指定(falseを指定する場合は現在の月となる)。

返り値

月アーカイブのURLを返す。

注意

通常、月アーカイブのURLパターンは、"/%year%/%monthnum%/"となる。

使用例

  • 現在の月のリンクを取得する。
    <?php $url = get_month_link( false, false ); ?>
  • 2011年12月のリンクを取得する。
    <?php $url = get_month_link( 2011, 12 ); ?>

フィルター

URLを返す直前にmonth_linkフィルターを実行する。$urlにはリンク先URLとなり、$yearは対象の年の値が、$monthには対象の月の値が格納される。
return apply_filters('month_link', $url, $year, $month);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

  • get_day_link - 日アーカイブのURLを取得する
  • get_year_link - 年アーカイブのURLを取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する
  • zeroise - 数値の桁数を揃える

お勧めコンテンツ

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2012-02-02 14:21