get_network_option

(4.4.0以降)
get_network_option - ネットワークオプションを取得する

説明

mixed get_network_option( int $network_id, string $option [ , mixed $default = false ] )
ネットワークオプション(サイトオプション)を取得する。

パラメータ

  • $network_id
    ネットワークID(サイトID)を指定。
  • $option
    オプション名を指定。
  • $default
    デフォルト値(オプションが保存されていない場合の値)を指定(省略時はfalse)。

返り値

ネットワークオプションの値を返す。

注意

バージョン4.4.0でget_site_option関数の機能(フィルターを含む)を引き継いだ関数で、get_site_option関数はこの関数のラッパー関数となっている。バージョン4.4.0およびバージョン4.7.0で各フィルターのパラメータが追加されている。

本関数はマルチサイト向けで一般的なシングルサイトで使用された場合はget_option関数が呼び出される。

パラメータ$network_idがnullの場合は現在のネットワーク(サイト)が対象となる。

"pre_site_option_{$option}"フィルターの返り値がfalse以外の場合は、以降の処理は行われずその値がネットワークオプションの値となる。

[4.9.0]"pre_site_option_{$option}"フィルターにパラメータ$defaultが追加された。

使用例

  • 現在のネットワークのオプション'myplugin_properties'の値を取得する。
    <?php $val = get_network_option( null, 'myplugin_properties' ); ?>
  • ネットワークIDが2のオプション'myplugin_properties'の値をデフォルト値を指定して取得する。
    <?php $val = get_network_option( 2, 'myplugin_properties', $default_properties ); ?>

フィルター

[2.9.0]データベースに保存された値を取得する前に'pre_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには省略時の値としてfalseが、$optionには本関数が受け取った同名の変数の値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。[4.9.0]パラメータ$defaultが追加され、本関数が受け取った内容が格納されている。
$pre = apply_filters( "pre_site_option_{$option}", false, $option, $network_id, $default );
[3.4.0]ネットワークオプションが未登録の場合は'default_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$defaultおよび$optionには本関数が受け取った値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
return apply_filters( "default_site_option_{$option}", $default, $option, $network_id );
[2.9.0]オプションの値を返す前に'site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには取得したオプションの値が、$optionには本関数が受け取った値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
return apply_filters( "site_option_{$option}", $value, $option, $network_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

最終更新日時 : 2017-11-20 10:13