get_network_option

(4.4.0以降)
get_network_option - ネットワークオプションを取得する

説明

mixed get_network_option( int $network_id, string $option [ , mixed $default = false ] )
ネットワークオプション(サイトオプション)を取得する。

パラメータ

  • $network_id
    ネットワークID(サイトID)を指定。
  • $option
    オプション名を指定。
  • $default
    デフォルト値(オプションが保存されていない場合の値)を指定(省略時はfalse)。

返り値

ネットワークオプションの値を返す。

注意

バージョン4.4.0でget_site_option関数の機能(フィルターを含む)を引き継いだ関数で、get_site_option関数はこの関数のラッパー関数となっている。バージョン4.4.0およびバージョン4.7.0で各フィルターのパラメータが追加されている。

本関数はマルチサイト向けで一般的なシングルサイトで使用された場合はget_option関数が呼び出される。

パラメータ$network_idがnullの場合は現在のネットワーク(サイト)が対象となる。

'pre_site_option_{$option}'フィルターの返り値がfalse以外の場合は、以降の処理は行われずその値がネットワークオプションの値となる。

使用例

  • 現在のネットワークのオプション'myplugin_properties'の値を取得する。
    <?php $val = get_network_option( null, 'myplugin_properties' ); ?>
  • ネットワークIDが2のオプション'myplugin_properties'の値をデフォルト値を指定して取得する。
    <?php $val = get_network_option( 2, 'myplugin_properties', $default_properties ); ?>

フィルター

[2.9.0]データベースに保存された値を取得する前に'pre_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには省略時の値としてfalseが、$optionには本関数が受け取った同名の変数の値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
$pre = apply_filters( "pre_site_option_{$option}", $value, $option, $network_id );
[3.4.0]ネットワークオプションが未登録の場合は'default_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$defaultおよび$optionには本関数が受け取った値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
return apply_filters( "default_site_option_{$option}", $default, $option, $network_id );
[2.9.0]オプションの値を返す前に'site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには取得したオプションの値が、$optionには本関数が受け取った値が、$network_idには本関数が受け取った同名の変数をint型でキャストした値が格納されている。
return apply_filters( "site_option_{$option}", $value, $option, $network_id );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2017-03-23 12:02