get_next_comments_link

(2.7.1以降)
get_next_comments_link - 次のコメントリンクを取得する

説明

string get_next_comments_link( [ string $label = '' [ , int $max_page = 0 ] ] )
次のコメントリンクを取得する。

パラメータ

  • $label
    リンクテキストで指定(省略時は'')。
  • $max_page
    最大ページ数を指定(省略時は0)。

返り値

次のコメントリンクを返す。リクエストが投稿ページまたは固定ページ以外か、次のコメントページがない場合は何も返さない。

注意

パラメータ$labelが空の場合は 'Newer Comments »' の翻訳テキストが適用される。

使用例

  • 次のコメントページリンクを取得する。
    <?php $next_link = get_next_comments_link(); ?>
  • ラベルを指定して次のコメントページリンクを取得する。
    <?php $next_link = get_next_comments_link( '次' ); ?>

フィルター

[2.7.0]次のコメントリンクを作成時に'next_comments_link_attributes'フィルターを呼び出す。パラメータ$attrは標準では''が格納される。このフィルターの返り値はaタグの属性値となる。
apply_filters( 'next_comments_link_attributes', $attr );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2015-12-16 14:30