get_next_post_link

(3.7.0以降)
get_next_post_link - 直後の投稿ページのリンクを取得する

説明

string get_next_post_link( [ string $format = '%link »' [ , string $link = '%title' [ , bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , mixed $excluded_categories$excluded_terms = '' [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] ] )
直後の投稿ページのリンクを取得する。

パラメータ

  • $format
    フォーマットを指定(省略時は'%link »' 注)3.7.0では'« %link'になっているが3.8で修正予定)。
  • $link
    リンクタイトルを指定(省略時は'%title')。
  • $in_same_cat$in_same_term
    同じターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)内の投稿ページに限定する場合はtrue、限定しない場合はfalseを指定。省略時はfalseが適用される。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)を指定する場合は、そのタームIDを文字列または配列で指定。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

直後の投稿ページのリンク(aタグ)を返す。

注意

next_post_link関数で出力されるリンクを取得する。
・パラメータ$formatは、'%link'を含まなければならない。
・パラメータ$linkは、投稿タイトルの'%title'、投稿日の'%date'を含めることができる。

使用例

  • 直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_next_post_link(); ?>
  • 直後の投稿ページのリンクをフォーマットを指定して取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]' ); ?>
  • 直後の投稿ページのリンクをリンクタイトルを指定して取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]', '次の記事へ' ); ?>
  • 同カテゴリー直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]', '次の記事へ', true ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]', '次の記事へ', false, '1' ); ?>
  • 同じタグの付いた直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]', '次の記事へ', true, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2015-05-28 14:02