get_next_post_link

(3.7.0以降)
get_next_post_link - 直後の投稿ページのリンクを取得する

説明

string get_next_post_link( [ string $format = '%link »' [ , string $link = '%title' [ , bool $in_same_cat$in_same_term = false [ , mixed $excluded_categories$excluded_terms = '' [ , string $taxonomy = 'category' ] ] ] ] ] )
直後の投稿ページのリンクを取得する。

パラメータ

  • $format
    フォーマットを指定(省略時は'%link »' 注)3.7.0では'« %link'になっているが3.8で修正予定)。
  • $link
    リンクタイトルを指定(省略時は'%title')。
  • $in_same_cat$in_same_term
    同じターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)内の投稿ページに限定する場合はtrue、限定しない場合はfalseを指定。省略時はfalseが適用される。
  • $excluded_categories$excluded_terms
    除外するターム([3.8.0]より前のバージョンはカテゴリー、[3.8.0]以降のバージョンは$taxonomyで指定されたタクソノミー)を指定する場合は、そのタームIDを文字列または配列で指定。
  • $taxonomy
    [3.8.0]$in_same_termがtrueの場合に同一判定するタクソノミー名を指定(省略時は'category')。

返り値

直後の投稿ページのリンク(aタグ)を返す。

注意

next_post_link関数で出力されるリンクを取得する。
・パラメータ$formatは、'%link'を含まなければならない。
・パラメータ$linkは、投稿タイトルの'%title'、投稿日の'%date'を含めることができる。

使用例

  • 直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_next_post_link(); ?>
  • 直後の投稿ページのリンクをフォーマットを指定して取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]' ); ?>
  • 直後の投稿ページのリンクをリンクタイトルを指定して取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]', '次の記事へ' ); ?>
  • 同カテゴリー直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]', '次の記事へ', true ); ?>
  • カテゴリーIDが1のカテゴリーを除外して直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]', '次の記事へ', false, '1' ); ?>
  • 同じタグの付いた直後の投稿ページのリンクを取得する。
    <?php $url = get_next_post_link( '[%link]', '次の記事へ', true, '', 'post_tag' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2015-05-28 14:02