get_next_posts_link

(2.7.0以降)
get_next_posts_link - 次ページ(アーカイブ)へのリンクテキストを取得する

説明

string get_next_posts_link( [ string $label = null [ , int $max_page = 0 ] ] )
次ページ(アーカイブ)へのリンクテキストを取得する。

パラメータ

  • $label
    ラベル文字を指定(省略時は__( '« Previous Page' ))。
  • $max_page
    最大ページ数を指定(省略時は0)。

返り値

次ページへのリンクテキストを返す。呼び出し時のページが投稿ページか、前ページがない場合はnullを返す。

注意

検索結果ページやアーカイブページ用の関数である。パラメータ$max_pageが0の場合は、リクエストの結果に応じたページ数が適用される。

使用例

  • 次ページへのリンクテキストを取得する。
    <?php $next = get_next_posts_link(); ?>
  • ラベル文字を指定して次ページへのリンクテキストを取得する。
    <?php $next = get_next_posts_link( '次へ' ); ?>

フィルター

aタグの属性を指定するnext_posts_link_attributesフィルターを呼び出す。
$attr = apply_filters( 'next_posts_link_attributes', '' );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/link-template.php

関連

お勧めコンテンツ

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2014-12-24 15:34