get_object_taxonomies

(2.3.0以降)
get_object_taxonomies - 投稿タイプのタクソノミー情報を取得する

説明

array get_object_taxonomies( mixed $object [ , string $output = 'names' ] )
投稿タイプのタクソノミー情報を取得する。

パラメータ

  • $object
    投稿情報または投稿タイプ名かその配列を指定
  • $output
    取得する情報種別として'names'または'objects'を指定(省略時は'names')

返り値

パラメータ$outputが'names'の場合は該当するタクソノミー名の配列を返す。'names'以外の場合はキーをタクソノミー名としたタクソノミー情報の連想配列を返す。

注意

パラメータ$objectにメディア(添付ファイル)の投稿情報を指定した場合は、get_attachment_taxonomies関数を呼び出している。

パラメータ$outputは'names'かそれ以外かで判定されている。

使用例

  • 投稿情報が格納された$postに関連するタクソノミー名リストを取得する。
    <?php $taxonomies = get_object_taxonomies( $post ); ?>
  • カスタム投稿タイプ'food'のタクソノミー情報を取得する。
    <?php $taxonomies = get_object_taxonomies( 'food', 'objects' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

最終更新日時 : 2016-01-12 17:32